• フランスの政治家が暗号通貨の簡易課税制度を提案

  • フランスの政治家であるPierre Person氏は、フランスにおける暗号通貨の課税を簡素化するための計画を打ち出しました。

    デジタル資産は不換通貨に変換しなければならないため、暗号で商品やサービスを購入すると、通常は納税義務が生じます。一方、Person氏は、税務コンプライアンス上の悩みを解消したいと考えています。

    同議員は、PayPalやVisaなどの企業が暗号経済に積極的に参加していることを踏まえ、総額が3,000ユーロを超えない場合は暗号通貨の支払いに課税しないことを提案しています。これにより、一般的な暗号通貨カードやその他のサービスを利用してデジタル資産を使用しても、課税対象となる事象が発生しないことになります。

    この政治家はまた、暗号通貨業界にとってのフランスの魅力を維持するために、純資本損失の最大10年間の繰り越しを認めたいと考えています。

    さらに、暗号会社が暗号取引を行った後に税金を支払うことを免除し、現在グレーゾーンとなっているNFT(Non-fungible tokens)に別の税制を設けることにも意欲的です。

    エマニュエル・マクロン大統領の最も親密な同盟者の一人とされているパーソンは、今月初めに大統領の副秘書長を辞任するまで、La République en Marche党内で最も影響力のある人物の一人でした。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0