• オーストラリアの暗号ユーザーの4分の1が暗号のクリスマスプレゼントを購入する意向であるとの調査結果が発表されました。

  • クリスマスツリーの下に暗号通貨はありますか?最近の調査によると、オーストラリアの暗号ユーザーの4分の1以上が、このホリデーシーズンに暗号関連のプレゼントを購入する意向を持っています。

    10月に世論調査を行ったオーストラリアの暗号ユーザーの4分の1以上が、今シーズンのホリデーギフトの一部としてデジタル資産を使用する意向を持っています。

    Crypto.comは、18歳から59歳の2,020人のオーストラリア人を対象に調査を行いました。過去12ヶ月間に暗号通貨を使用したことがある人のうち、26%がクリスマスに暗号資産をプレゼントしたり、暗号関連のギフトを購入することを検討すると答えました。

    また、暗号関連ギフトの購入を予定している人のうち半数以上の53%が、今年のホリデーシーズンに大切な人のためにビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの暗号資産の購入を検討すると回答しました。

    この調査によると、テーマ別の靴下やパーカーなどの暗号グッズが今年のホリデーシーズンの人気ギフトになる可能性があり、暗号中心のギフトを購入する予定の人の43%がこれらのアイテムを探しているとのことです。

    また、約42%がコインバウチャーの購入を検討しており、35%が暗号関連書籍の購入を検討していました。世論調査対象者の3分の1は、非ファンギブル・トークンのプレゼント(NFT)を検討していると答えました。

    メルボルンの高校を卒業したばかりのJustin El-Sheikhさんは、今年は暗号通貨のプレゼントを計画しています。彼は、友人たちにウォレットと少量のビットコインを提供して、始めてもらおうと考えています。

    “私の友人の多くは、暗号通貨について聞いたことがあり、参加したいと思っていますが、どこから始めればいいのかわかりません。””クリエイティブで思いやりのある贈り物のアイデアですね。

    Crypto.comのアジア太平洋地域担当ゼネラルマネージャーであるKarl Mohan氏は、「オーストラリア人は明らかに、暗号通貨を採用し、その使用を日々の支出に統合することに非常に熱心である」と述べた上で、オーストラリア人は「暗号通貨とブロックチェーン技術の使用を徐々に増やしている」と付け加えました。

    9月に実施された1,000人を対象としたFinderの調査によると、現在オーストラリア人の6人に1人が暗号通貨を所有しており、総資産額は80億ドルに達しています。調査対象となったオーストラリア人の約9%がビットコインを、8%がイーサリアムを、5%がDogecoinを所有しています。

    Crypto.comは先月、マット・デイモンを起用したグローバル・ブランド・キャンペーンを開始しました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0