• ある調査によると、アフリカ系アメリカ人が暗号通貨投資のリーダーとなっています。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査によると、アフリカ系アメリカ人の家族の多くは、米国の銀行から十分なサービスを受けておらず、銀行業務などの一般的なサービスを受ける際にさらなる困難に直面していました。また、このレポートでは、貧富の差の拡大が強調されており、平均的な白人家庭の資産は、アフリカ系アメリカ人家庭の10倍(純資産約17万1,000ドル)であることが示されています。(約17,600ドル)となっています。)

    シカゴ大学が1004人の若年層(18~29歳)を対象に実施した調査によると、過去12カ月間に暗号通貨を積極的に購入した有色人種のトレーダーは約34%でした。

    アフリカ系アメリカ人とその暗号通貨への関心

    多くのアフリカ系アメリカ人は、富をもたらし、伝統的な銀行業務から脱却できるような投資機会を求めて、暗号通貨の世界を深く掘り下げています。

    My Money, My Future」の創設者であるRamona Ortega氏によると、アフリカ系アメリカ人は、従来の銀行業務から排除された後、ビットコインに目を向けているそうです。さらに、暗号通貨スペースの出現により、銀行口座を持たない有色人種でも、BitpayやPaxfulなどのビットコイン低手数料デビットカードを使って、暗号財布を作成し、オンラインで資金を送金することができるようになりました。

    オルテガは、「この国でどのようにして富が築かれてきたかを振り返ると、そうした機会の多くが、当時の私たちには利用できなかったり、規制やレッドラインによって奪われていたことがわかります」と述べています。

    ビットコインは、他の通貨とは異なり、取引を処理するための仲介者を必要としない、唯一無二の分散型デジタル資産です。この通貨は、特殊なブロックチェーンネットワーク上で運営されており、各取引の詳細を正確に記録するデジタル台帳として機能しています。

    この暗号通貨は高い価格評価を維持しており、供給量が限られていることから、投資家にとって特に魅力的な通貨です。デジタル資産の現在の市場価値は、その希少性(合計2100万ビットコインがあり、そのうち1877万ビットコインが採掘されている)により、60,689ドルとなっています(2021年10月現在)。

    ビットコインは非常に不安定であるにもかかわらず、複数の価格記録を更新しており、多くの新規投資家や経験豊富な投資家にとって最良の投資対象であり続けています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0