• 調査によると、南アフリカ人の8.3%がNFTを保有し、9.4%が購入を予定している。

  • ある調査によると、南アフリカのインターネットユーザーの約8.3%がNFTを保有しており、さらに9.4%が将来的にNFTを取得することを計画しているとのことです。

    NFTの普及率は12番目に高い。

    最新のFinderオンライン調査によると、南アフリカのインターネットユーザー1,205人のうち、約8.3%がNFT(ノンファンジブル・トークン)を所有していることがわかりました。これにより、南アフリカは世界で12番目にNFTの普及率が高い国となりました。

    また、将来的にNFTを購入する意向のあるインターネットユーザーについては、調査対象者の9.4%が購入の意向を持っていることがわかりました。これに、すでにNFTを所有しているインターネットユーザーの数を加えると、南アフリカのNFT普及率は近い将来17.8%に達する可能性があります。この数字は、現在世界第5位のベトナム(17%)を上回ります。

    調査結果によると、現在、世界で最も多くのNFT所有者がいるのはフィリピン(32%)で、次いでタイ(27%)、マレーシア(24%)、アラブ首長国連邦(23%)となっています。アフリカでは、世界第6位のナイジェリアが最も多く、13.7%のユーザーがNFTを所有していることが確認されています。

    南アフリカでは、男性の方がNFTの保有率が高い。

    一方、今回の調査結果では、南アフリカの男性は女性よりもNFTを所有している割合が高く、男性の10.5%、女性の6.3%が少なくとも1つのNFTを所有していることがわかりました。Finder社によると、このジェンダーギャップは4.2ポイントで、世界平均の2.7%よりも大きいとのことです。

    南アフリカでは、予想通り、若い世代が圧倒的に多く、最年少の年齢層が国内のNFT所有者の10%以上を占めています。

    「南アフリカでは、18歳から24歳の人が最も多くNFTを所有しています」(11%)。55歳から64歳の人々(5.2%)は、その反対側に位置しているとのことです。

    世界的に見て、NFTを購入する女性が男性より多いのはタイとベネズエラだけで、NFTを所有する女性が最も少ないのはUAEです。

    世界的にNFTの普及が進むと予想される一方で、今回の調査では、インターネットユーザーの中で日本が最もNFTの認知度が低いことがわかりました。日本のユーザーの約9割が、NFTを知らないと回答しています。次いで、ドイツが83%、イギリスが79%となっています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0