• Visaの幹部によると、NFTは暗号通貨を「奇妙」から「クール」に変えたという。

  • Visaの暗号部門の責任者であるCuy Sheffieldは、活発なNFTセクターに引き寄せられたクリエイティブなタイプの人々が流入した結果、暗号通貨への投資がよりクールになったと述べています。

    Sheffieldは、11月8日に開催されたSingapore Fintech Festivalの初日に講演しました。同氏は、メインストリームのユーザーの「全く新しいクラス」が暗号通貨に集まってきており、NFTは音楽、芸術、文化などの多様な興味を持つ人々を魅了しており、彼らは “波のように暗号財布を設定している “と主張しています。

    “Crypto is becoming cultural, it’s becoming cool “とSheffieldは説明し、こう付け加えました。

    「かつては、暗号通貨に投資する人は、ちょっと変わった人だと思われていました」。

    シェフィールドは、エンターテインメントとNFTの分野を組み合わせることで、暗号ウォレットが単なるデジタル資産の保管場所ではなく、ユーザーが自分の興味に関連した新しいコンテンツを発見できる「スーパーアプリ」のような存在になると考えています。

    Visaのクリプト担当責任者は、自他ともに認めるNFT愛好家で、8月にCryptoPunk 7610(モヒカン、ピエロのような緑色の目、口紅をつけた女性のフィギュア)を49.50イーサ(ETH)で取得することを主導しました。

    シェフィールドは当時、「グローバルブランドがNFTを購入し、保管し、活用するためのインフラ要件を直接理解する」ための取り組みの一環であると説明しました。また、NFTに関連するサービスの提供を検討していることを示唆しています。

    また、NFTに関連したサービスの提供を検討していることを示唆しました。「複数の環境でデジタルアセットを追跡し、活用できるようになれば、チケット販売、ゲーム、音楽、アートなど、さまざまな分野で新たな可能性が広がるでしょう」と述べました。

    シンガポール通貨監督庁(MAS)と非営利団体Eleandiが主催するこのイベントは、毎年11月12日まで開催されています。今年は、Web 3.0テクノロジーの未来に焦点を当て、Visa、Mastercard、Chainlink、Celo AMTD Group、Microsoft、Ant Group、Tencentなどの著名なゲストを迎えて開催されます。

    MASのマネージング・ディレクターであるRavi Menonもこのイベントでスピーチを行い、スマートコントラクトや、実世界のモノや知的財産のトークン化は、新しいWeb 3.0のパラダイムを実現する「キー・イネーブラ」であると述べました。

    メノンは、不動産などのコモディティや特許などの無形資産、さらにはデジタル音楽やアートなどに関連するテクノロジーの重要性を強調しました。

    “トークン化されれば、これらの資産の権利や所有権がシームレスに移転され、流動性と効率性が向上します。”これにより、経済的機会とインクルージョンが大幅に向上する可能性があります。”

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0