• エルサルバドルがビットコインを導入した結果、銀行が重大な財務リスクや市場リスクに直面することはありません。フィッチによる格付け

  • 米国の格付け会社フィッチ・レーティングスは今週、エルサルバドルが9月にビットコインを米ドルと並ぶ法定通貨として採用したことで、エルサルバドルの銀行には重大な直接的金融・市場リスクはないと述べました。これは、BTCで提供されている商品やサービスがないため、銀行のバランスシートに直接的なエクスポージャーがないことを意味していると付け加えています。

    「BTCの普及は、BTC固有の価格変動、国内銀行セクターにおける金融包摂の低さ、インターネットの普及率の低さによって妨げられています」。

    ビットコインの導入が、銀行を運用リスク、サイバーリスク、マネーロンダリングリスクの増大にさらすことになるかどうかは、規制の内容によります。同庁によると、国内でビットコインのキャピタルゲインに対する課税が行われていないことで、海外からのBTCの流入を呼び込むことができる一方で、国内の金融システムのマネーロンダリングリスクが高まる可能性があるという。実際、企業や銀行は、BTCでの支払いを受け付けることが義務付けられており、支払い手続きの際にはUSDに変換されます。これは、”サンサルバドル周辺の農村地域の観光部門にとって、経済的に有益な開発 “であると言われています。”しかし、成長の持続性と将来の需要は不透明なままです。” と報告しています。フィッチ・レーティングスは、エルサルバドルの金融機関がデジタルウォレットサービスやUSD-BTCの兌換性を提供するためには、マネーロンダリングのリスク管理に関する追加の規制ガイドラインやポリシーに従うことで、暗号市場への参入障壁を設けることを推奨しました。また、同国の個人顧客の預金は、2021年5月から2021年9月にかけて2.0%減少したことを除いて、安定していると結論づけている。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0