• Basement Dwellers:ミーム文化にインスパイアされたNFTプラットフォーム

  • Basement Dwellers」は、ミームカルチャーやゲーマーのステレオタイプに基づいたNFTです。チームは、200種類以上の特徴からランダムに生成される1万個のNFTをリリースする予定です。彼らの目標は何ですか?デジタルアートを販売して十分なお金を稼ぎ、母親の地下室から抜け出すこと。それと、慈善活動ですね。

    Basement Dwellersは、ミーム文化とゲーマーのステレオタイプに基づいた、NFTの新しいプロジェクトです。彼らの目標は何ですか?デジタルアートを売って十分なお金を稼ぎ、母親の地下室から脱出すること。それと、慈善活動ですね。さらに深刻なことに、彼らは売上金を使ってカスタムゲーミングPCやゲーム機をNFTホルダーにプレゼントしたり、「床掃除」をして各Basement Dweller NFTの最低市場価値を高めたりしています。

    NFTの人気はここ数ヶ月で急上昇しており、今回の発売はタイムリーなものとなりました。OpenSeaでは、1日の売上が1億ドルを超えることも頻繁にあります。

    Basement Dwellersのチームは、スターパワーも活用しています。メンバーは、eスポーツの競技者、Twitchのストリーマー、デジタルマーケティングの専門家、過去のNFTプロジェクトのベテランなど、さまざまな資格や経験を持っています。このプロジェクトは、OpenSeaでの取引量が8,400ETHを超え、現在のフロア価格は1.29ETHとなっています(1ヶ月前の0.07ETHから18倍以上の上昇)。もう一人のメンバーは、熱心な買い手から3300万ドルの入金があり、パブリックセールのくじの新記録を樹立したProject URSの開発チームのリーダーでした。

    ローンチの人気は瞬く間に高まり、彼らのDiscordサーバーはわずか2週間で15,000人以上のメンバーに達しました。発売日は未定ですが、Discordのアクティブメンバーには、10月8日までのコンテストでホワイトリストへのアクセス権を獲得するチャンスがあります。Basement Dwellersは、今回のNFTドロップで、200以上のユニークな特性からランダムに生成された10,000個のNFTをリリースします。それぞれの「ミント」価格は0.069ETHです。

    Basement Dwellersは、DeFi(分散型金融)にヒントを得て、NFTにステーキング機能を実装します。Stakerは、今後発売される「Chad」シリーズのNFTを作成できる報酬を得ることができます。また、ステークホルダーは、クエストを解除して、クリプトやキャッシュを獲得することができます。

    Basement Dwellers」のようなクリエイティブで風変わりなプロジェクトは、NFTの普及に伴い、デジタルアートの歴史にその名を刻むことになるでしょう。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0