• Binanceはオランダ警察の捜査に対応してコロンビアのユーザーをブロックしました

  • Binanceは、オランダ当局の犯罪捜査を受けて、コロンビア人ユーザー20人のアカウントへのアクセスを遮断しました。

    現地のニュースソースによると、オランダの司法長官は、これらの資産が “犯罪的 “であるとして凍結を命じました。その結果、Binanceはこれに応じて、少なくとも20人のコロンビア人ユーザーの口座へのアクセスを禁止しました。

    ユーザーが自分のアカウント・ポータルにアクセスしようとしたときに表示されたメッセージは、もともとスペイン語で書かれており、停止に関する情報はほとんどありませんでした。

    “Binanceをご利用いただきありがとうございます。現在、オランダの法執行機関があなたのアカウントを調査しています。お客様のアカウントの状況については、この件を担当する役員にお問い合わせください。”

    ユーザーがヘルプチャットでこのメッセージに回答した後になって、Binanceの担当者がこの停止を “リスク管理 “と称しました。

    ユーザーの中には、1ビットコイン(BTC)を超える「生涯貯蓄」にアクセスできないと主張する人もいました。現地の情報筋によると、被害を受けたユーザーの中には、自分の資産にアクセスするための支援を求めて、すでに法律扶助に連絡している人もいるとのことです。

    さらに、この情報源によると、Binanceは引き出しをブロックしただけでなく、一部のユーザーは自分の残高を見ることができないとのことです。被害に遭ったユーザーの大半は、ピア・ツー・ピア(P2P)プラットフォームを利用しているとしています。

    コンプライアンスへの取り組み

    現地のニュースソースによると、質問を受けたBinanceは、現地当局に準拠するというコミットメントを再確認したとのことです。同取引所によると、”地域社会の安全を確保し、不正行為を防止するために、法律を執行する団体 “と協力しているとのことです。

    Binanceは最近、別のコンプライアンスのために元IRS捜査官を採用した。

    一部のユーザーが本人認証を完了したにもかかわらず、そのアカウントの問題は解決しませんでした。バイナンスは、一部のユーザーに対して、母国コロンビアでの法的な身分証明書と収入証明書を要求しました。一方で、オランダ当局や米国の国家機関に連絡するように言われた人もいました。

    これは、Binanceの数あるコンプライアンス関連の取り組みの中でも最も新しいものです。他の例としては、南アフリカやシンガポールなどでサービスの提供を中止したことが挙げられます。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0