• バイナンスは米国でインサイダー取引の調査を受けているとされる

  • 米国商品先物取引委員会(CFTC)は、世界最大の暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)を、インサイダー取引や市場操作の可能性があるとして調査しています。

    バイナンスはCFTCのレーダーにかかっています。

    米国のデリバティブ市場を規制するCFTCは、Binanceまたはその従業員が取引活動を利用して顧客を搾取した可能性を調査しています。

    調査の一環として、米国当局は、Binanceまたはその従業員が顧客を利用して利益を得ていたかどうかを調べています…」。米商品先物取引委員会の調査官は、調査の一環として、ここ数週間、潜在的な目撃者に接触しています。”

    バイナンスの広報担当者は、この展開についてコメントしながら、取引所は倫理規定に忠実に従ったと記者団に語りました。同氏によると、Binanceは「インサイダー取引に対するゼロ・トレランス・ポリシー」と「顧客や業界に悪影響を及ぼす可能性のあるあらゆる種類の行動に関連する厳格な倫理規定」を持っているという。

    今回の告発で有罪となった取引所のスタッフは、「直ちに解雇される」と広報担当者は述べています。

    先日、CZ主導の取引所が市場操作の疑いで告発されたとお伝えしたことをご記憶でしょうか。

    規制当局対Binance

    Binanceは以前、マネーロンダリングや脱税の疑いで米国当局の調査を受けたほか、米国居住者にデリバティブ取引を提供していたかどうかについても調査を受けました。

    今回の捜査も、CZ傘下の取引所が世界中からの規制合戦にさらされている時期に行われたもので、その圧力に対抗するために、規制に関する経験が豊富な幹部を採用して商品の拡充を図っています。

    その一環として、規制当局から何度も「非中央集権」の主張を非難されているにもかかわらず、同取引所は最近、物理的な本部を設立する意向を表明しました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0