• BinanceのネイティブNFTマーケットプレイスがマルチチェーンに対応

  • Binanceの顧客は、NFTを簡単に入金したり、販売や取引のためにリストアップしたり、他のプラットフォームに引き出したりすることができるようになりました。

    Binance NFT – BinanceのネイティブNFTマーケットプレイス – は現在、Binance Smart ChainとEthereum間のマルチチェーン送金をサポートしています。

    Binanceの顧客は、マルチチェーンのサポートが追加されたことで、NFTを簡単に預けたり、販売や取引のためにリストアップしたり、OpenSeaなどの他のプラットフォームに引き出したりすることができるようになりました。

    お客様は、Binance口座にリンクされたMetamaskのようなWeb3ウォレットを使用して、この新機能を使ってNFTを預けたり引き出したりすることができます。

    バイナンスによると、この2つの機能の開始は、「Binance NFTをオープンマーケットプレイスのエコシステムに昇格させる」ものであり、バイナンスがこの分野でのOpenSeaの市場支配に対抗するための努力を強化していることを示しています。

    バイナンスは最近のブログ記事で、マルチチェーンの拡大は「広大なエコシステムを構築するためのコミットメントの一環」と述べ、バイナンスのネイティブマーケットプレイスを利用するメリットを強調しています。

    また、バイナンスは、コレクターが「世界最大の暗号コミュニティを活用して」NFTを「より大きなスケールで」販売・取引できるようになったと述べており、バイナンスが新興のNFT市場でトップの座を獲得することに真剣に取り組んでいることを示しています。

    競争の激化

    NFTが市場を席巻し続ける中、多くの取引所がBinanceに加えて独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げました。

    最初に登場したのはFTXで、イーサリアムとのマルチチェーン統合に加え、ソラナに焦点を当てたアプローチで10月にローンチしました。

    そして、NFTコミュニティを喜ばせたのは、コインベースが独自のネイティブマーケットプレイス「Coinbase NFT」を発表したことでした。

    コミュニティの多くは、取引所ベースのNFTマーケットプレイスは、OpenSeaの巨大な資本のバックアップと大規模なユーザーベースのため、OpenSeaを追い落とす最も可能性の高い選択肢であると考えています。

    他にも、より革新的なNFTマーケットプレイスが登場しています。NFTTraderでは、様々なNFT間での取引や1対1のスワップが可能となり、ユーザーは手数料や追加コストを節約することができます。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0