• 個人投資家の資金流入では、ビットコインETFとCME Futuresが大活躍

  • CoinShares社によると、投資家は上位の暗号ファンドに14億6500万ドルを注ぎ込み、ProShares社はそのうち12億3700万ドルを獲得し、そのうち14億5000万ドルがビットコインファンドに投入されたという。これとは別に、日曜日に発表された最新の商品先物取引委員会(CFTC)の週次データによると、シカゴに本拠地を置くCMEグループCME -0.3%で「建玉」として個人投資家が保有しているビットコイン先物の数は、2,631枚から95%増加し、史上最高の5,136枚となりました。

    これらの契約の1件あたりの価値は5ビットコイン(火曜日の終値では約321,300ドル)に相当するため、個人投資家のこれらの契約への純資金流入は1億8300万ドル増加した。CMEの暗号化先物契約の価値は、すべてのトレーダーグループで15億8,000万ドル(38%増)増加しました。そのうち13億1,000万ドルはビットコイン先物に、残りの2億7,000万ドルはCMEエーテル先物とCMEマイクロビットコイン先物に充てられました。さらに、CMEの暗号先物取引量は木曜日に92億ドル以上でピークに達し、CMEはその日の取引量で最大ではないにしても、最大のデリバティブ取引所の1つとなりました。

    年初と比較すると、先物市場は、企業やProSharesなどのビットコインETF発行者を含む商業トレーダーや、個人トレーダーによるエクスポージャーの増加を反映しています。スプレッドのOIが大幅に増加しているということは、ある企業がその数の契約を売買していることになります。つまり、現物市場で商品を買い、先物市場で売るという、いわゆるキャリートレードによる「メイキング・マーケット」です。米国の銀行やごく一部の個人トレーダーは、年初から株式の売り越しを増やしており、ヘッジファンドはCMEでのビットコインのロングポジションを大幅に減らしています。

    CFTCが日曜日に発表するデータは10月19日(火)までの活動を対象としているが、10月22日(金)までの最新のCMEデータによると、OIは火曜日の合計よりも3,515枚増加しており、これも過去最高となっている。来週のCFTCのデータでは、OIの増加分をどのようなトレーダーグループが占めているかが明らかになるが、コマーシャルトレーダーがロングポジションを大幅に増やし、ヘッジファンドが売りポジションの60%以上に参加していると考えてよいだろう。

    分析結果

    最も重要なポイントは、BITOの登場によって個人投資家が日和見的に行動するようになったことだ。個人投資家のCME BTC先物の保有比率は7ヶ月間減少していましたが、先週のBITO発売をきっかけに、CME先物の需要が記録的にUターンしました。個人投資家によるCME BTC OIの増加は、商業企業がここ数週間で獲得した約4,000枚のBTCロング契約に加えてのことです。

    なぜ突然の変化が起きたのか?CMEのビットコイン先物に詳しい投資家は、BITO ETFの立ち上げが、より多くの暗号ETFの発行への道を開くことを理解しています。つまり、ビットコインへのエクスポージャーだけでなく、CMEのビットコイン先物契約への需要もあるということです。ある意味では、先週のラリーに参加した個人投資家や機関投資家は、さらに多くの買い手、例えば新しいETF発行者がその商品の価格を競うことを知っていて、ホットな商品を買ったに過ぎません。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0