• マイクロペイメントを実現する可能性を秘めたブロックチェーン技術

  • デジタルウォレットや暗号通貨の利用が拡大するにつれ、マイクロペイメントの新たなユースケースが調査・開発されるでしょう。

    最近、ビットコイン(BTC)に関するマーク・アンドリーセンの2014年の記事を見つけました。それは、いろいろな意味で先見の明があります(当たり前ですね)。私はこの業界に入って4年になりますが、その中でもブロックチェーンの社会的影響に注目しています。ビットコインが制度的に存在する前、あるいはこの新しいテクノロジーに対する一般的な理解が得られていない2014年に、アンドリーセンが将来の経済的・社会的影響の可能性を概説できたことには驚かされます。

    今回は、彼の記事のテーマの一つであるマイクロペイメントについて、8年近く経ってから論じてみたいと思います。ブロックチェーンがマイクロペイメントをどのように変革し、解決策を必要とするビジネスの特定の側面を収益化するだけでなく、社会的に最も弱い立場にある人々を支援することができるのかを見ていきたいと思います。

    マイクロペイメント

    マイクロペイメントは斬新なアイデアではない。1990年代半ば以降、程度の差こそあれ、マイクロペイメントの人気は高まっている。マイクロペイメントとは、ある閾値以下の金額の取引のことである。重要なのは、その閾値以下では、取引手数料が取引総額のかなりの部分を占めることになり、結果的にコスト効率が悪くなることである。もう一つの重要な違いは、マイクロペイメントは、金額が小さいために、有形ではない商品を含むデジタル取引にのみ適用されるということである。追加の手数料や配送料が発生すると、元の取引額が100倍になってしまい、全く意味がなくなってしまう。

    クレジットカード会社は、加盟店に請求する手数料について、さまざまな料金プランを用意している。これらのプランには、通常、取引ごとの一時的な料金と、そこから差し引かれるパーセンテージの料金が含まれています。当然のことながら、これらの情報はカード会社から自由に入手できるものではなく、第三者が加盟店へのサービスとしてこれらの料金を比較して公表しています。その中で、マイクロペイメントの加盟店への請求額を見てみましょう。

    ここでは、以下のような前提を置いています。

    見つかった最も低い手数料は、取引額の1.29%で、一括手数料はありませんでした。

    ほとんどの不換紙幣の最小単位は1/100、つまり0.01ドルなので、1.29パーセントより高いかどうかにかかわらず、これがクレジットカード会社が請求する最低手数料となります。

    下の図は、取引額に応じた手数料の割合を示しています。例えば、0.01ドルの取引には100%の手数料がかかるのに対し、0.10ドルの取引には10%の手数料しかかからない。当然ながら、これらの決済プラットフォームでマイクロペイメントの取引を行うことは不合理である。

    ブロックチェーン技術には解決策があります。

    しかし、現在は別の選択肢があります。さまざまな理由から、ブロックチェーン技術はマイクロペイメントにとって理想的なソリューションです。より高速なデジタル決済のためのインフラを提供し、さらに重要なのは、下の表に示すように、ビットコインもイーサ(ETH)も、最小支払単位が驚くほど小さいことです。

    さらに、クリプトウォレットは、スマートフォン、ラップトップ、モノのインターネットデバイスなど、あらゆるデジタルデバイスに簡単に組み込むことができます。また、手数料はネットワークや場面によって大きく異なりますが、多くのプロトコルでは手数料が無料であり、1セントの数分の1という低価格を実現しています。

    最後に、ユーザーのプライバシーの問題があります。ブロックチェーンの非対称暗号化により、支払い者は支払い時に自分のパブリックアドレスを公開するだけなので、ウォレットをハッキングしようとする人にはほとんど情報が伝わりません。残念ながら、クレジットカード決済の場合は同じことが言えません。支払者はクレジットカード番号をすべて提供し、決済プラットフォームが適切に保護されていることを祈る必要があります。

    マイクロペイメントの現実的なアプリケーション

    技術的な側面が解決された今、残された問題は1つだけです。100万分の1ドルで何かが手に入るのか?100万分の1はどうかわかりませんが、マイクロペイメントにはさまざまな用途があります。いくつか例を挙げてみましょう。

    彼女は、その記事のためだけにお金を払うつもりであるにもかかわらず、3回目の購読を購入しない。雑誌側から見れば、その記事はすでに存在しているのだから、誰かに請求してもいいのではないか?アリスも雑誌も,マイクロペイメントを受け入れることで,経済的効用を最大化することができる.

    デジタル著作権、ロイヤリティ、紹介。前述のケースと同様に、著作権、ロイヤルティ、リファラルを定義する必要はない。マイクロペイメントは、今日の複雑なソリューションとは対照的に、比較的簡単なメカニ ズムで即時決済が可能であり、一回あたりの請求額には実質的に下限がない。

    IoTトランザクション。このユースケースは非常に先進的ですが、早晩、電気のスイッチのようにありふれた些細なものになる可能性が高いです。これまでのところ、IoTはその潜在能力のほんの一部しか発揮されていません。この遅れの理由の一つは、シンプルで導入しやすいマネタイズモデルがないことかもしれません。ブロックチェーン上のマイクロペイメントがその解決策になるかもしれません。車が収集する道路状況や交通量などのデータを考えてみましょう。大勢のユーザーがリアルタイムに収集したデータを共有することで、交通計画や道路維持に非常に役立つ可能性があります。その結果、なぜそれにお金を払わないのか?ブロックチェーンの付加価値は、データを匿名化し、ユーザーのプライバシーを保護するメカニズムの改善であり、これは再び勝利の組み合わせです。もちろんこれは、スマートメーターから家電製品など、他のあらゆるIoTデバイスにも適用できます。

    社会的インパクト。ブロックチェーン上のマイクロペイメントは、2つの意味で革命的な可能性を秘めています。1つ目は、寄付を受けた人が資金を受け取るためのアカウントを簡単に設定でき、仲介者や間接的なコストを一切排除して直接寄付を行うことができる点です。しかし、この機能は諸刃の剣であり、大きな弱点となる可能性があることに注意する必要があります。詐欺師が寄付者を誘うために偽のアカウントを作るのと同じくらい簡単なことです。また、寄付者に確実にアピールするためには、複数の基準で慈善団体を評価する現在のオンラインサービス(Charity Navigator、Smart Giving、Council of Nonprofitsなど)と同様に、評価と監査が必要となります。さらに、最低寄付金額の設定がなくなるため、マイクロドネーションが登場する可能性もあります。世界銀行は、一人当たりの国民総所得が1,025米ドル未満の国を「低所得国」と分類しています。2020年のデータによると、低所得国は27カ国ありますが、これは1日の賃金が3ドル以下に相当します。マイクロペイメントは、これらの国で必要としている人々に資金を提供するための優れた仕組みとなりますが、不正行為がないかどうかを注意深く監視する必要があります。適切に管理されていれば、より効率的な寄付ができ、より直接的なインパクトを与えることができることがおわかりいただけると思います。

    近年、マイクロペイメントは当初の輝きを失いつつあります。コンセプトは時代を先取りしていたものの、技術が遅れていたために実現しなかったのです。アンドリーセンは、マイクロペイメントを変革するブロックチェーンの能力を強調したことは正しく、また革命的でした。ユースケースや可能性という点では、ここではまだ表面をなぞっただけです。

    企業はより効率的になり、提供するサービスの大部分を収益化できるようになるかもしれません。仲介者を介さずに直接個人的に支援することで、コミュニティ全体を変革したり、経済不況から脱却させたりできる可能性があります。ブロックチェーンは、世界が待ち望んでいた新鮮な空気のようなものかもしれません。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0