• フィッツパトリックCEO、ジョージ・ソロスのファミリーオフィスがビットコインを所有していることを確認

  • ソロス・ファンドのCEO/CIOであるドーン・フィッツパトリック氏によると、億万長者の投資家ジョージ・ソロス氏のファミリーオフィスであるソロス・ファンド・マネジメントが、ビットコインに投資しているという。

    フィッツパトリック氏は火曜日のインタビューで、”我々の視点では、多くではなくいくつかのコインを所有しており、コイン自体は、DeFiなどの使用ユースケースよりも面白くない “と述べています。

    フィッツパトリックのコメントは、匿名の情報源を引用して、ソロス・ファンドがビットコインの取引を開始したという今年初めの報道を裏付けるものです。ソロス・ファンドは、NYDIGやLukkaなどの暗号企業にも投資していますが、暗号通貨の直接投資を行っていることを公表したのは今回が初めてのようです。

    “私は、ビットコインがインフレヘッジとしてのみ使用されていることに納得していません。ここでは、キャズムを越えてメインストリームになったと考えています。暗号通貨の時価総額は今や2兆ドルを超えています。世界中に2億人のユーザーがいますから、これは主流になったと思います」とフィッツパトリックは続けた。

    CBDCが登場します。

    Fitzpatrickは、3月にも中央銀行デジタル通貨(CBDC)について議論し、CBDCは「人々が予想するよりも早く登場すると思う」と述べています。

    彼女は当時、中国のCBDCの試みを引き合いに出し、同国のデジタル元が “他のビットコインやその他の暗号通貨に対する潜在的な脅威 “になると主張しました。しかし彼女は、それは一時的なものに過ぎないと付け加え、”ビットコインを恒久的に不安定にすることはできないだろう “と述べています。

    ファミリーオフィスやヘッジファンドの巨頭たちは、暗号通貨への投資を強化しています。例えば、スティーブ・コーエンのPoint72 Asset Managementは最近、MessariやZero Hashのような暗号通貨のスタートアップに投資を始めました。また、億万長者の投資家であるDan LoebのThird Pointファンドも、暗号通貨に投資していると言われています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0