• デヴィッド・リンチ監督とバンド「インターポール」がNFTコレクションで共演

  • 伝説の映画監督デヴィッド・リンチがインターポールとコラボレーションするのは今回が初めてではありません。リンチ監督の短編アニメーション映画「I Touch a Red Button Man」では、2010年にインターポールの楽曲「Lights」がサウンドトラックとして使用されています。インターポールは、そのショートフィルムを、翌年のコーチェラでのパフォーマンスのビジュアルとして使用しました。10年後の今、彼らはその作品を再考し、8つのNFTに変身させている。

    この作品は、HIFI Labs社によって7つの作品に分割され、さらにユーザーが作成したコンテンツがミックスされた1つの作品が追加され、NFTの領域に適応されました。これらの作品は、本ウェブサイトを通じてSuperrare Ethereのマーケットプレイスでオークションにかけられます。作品は一点もののエディションです。これはシリーズの第一弾です。これらはすべて、”Lights “という曲のアップデートバージョンに合わせています。フォーブスによると、それは以下の通りです。

    “バンドのメンバーであるバンクス、ダニエル・ケスラー、サム・フォガリノがパンデミックの間ずっと物理的に離れていたため、意図的に、また結果的に、新しい演奏では曲が削られたバージョンになっている。”

    さらに、バンクスは、バンドの公式声明で次のように述べています。

    “音楽と映像の融合は古くからの伝統であり、リンチ自身も音楽を愛するミュージシャンであることから、2つの異なるメディアのアーティストが一緒になるのは極めて有機的な方法でした。”私たちは皆、リンチの大ファンなので、私たちの作品と彼の作品がペアになったことは信じられないことでした。”

    インターポールは、リンチのNFT空間における新たな冒険の原動力となっているようだ。一方、デヴィッド・リンチは、それについてツイートしています。その結果、彼はこのプロジェクトを認識し、サポートしています。

    NFTコレクション「I Touch A Red Button Man」の特徴

    まず第一に、”Aerial社とのコラボレーションにより、カーボンニュートラルなコラボレーションが実現した “ということを知っていただきたいと思います。ネット上では、NFTの環境コストが問題視されているため、カーボンオフセットを検証している会社を利用したのです。これ以上、ファンが望むことはないでしょう。もしかしたら、コレクションの一部になるかもしれませんね。

    「ファンダムとコラボレーションの精神に基づき、ファンは8つの3Dギャラリー作品の1つに軽く個人的な創造的なタッチを加えることができ、1人の協力者が選ばれ、無料でコラボレーションNFTを受け取ることができます」。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0