• フライドポテトも一緒に食べますか?ファストフード店でもNFTが提供されている

  • ノンファンジブル・トークン(NFT)は、ここ数カ月で人気が急上昇しており、暗号アーティスト、ゲーマー、ミュージシャン、セレブリティ、そして今ではファストフードチェーンがこの技術をさまざまな方法で展開しています。

    マクドナルド、バーガーキング、タコベルなどがNFTを採用しているのは、製品やサービスのゲーミフィケーション的なプロモーションや流通を可能にする機能を備えているからです。

    ここでは、ファストフード業界における新たなNFTの導入状況を紹介します。

    タコベル

    タコベルは、メキシカンスタイルの提供でアメリカで人気のファーストフードチェーンです。タコベルは、2021年3月のマーケティングキャンペーンで、新しいNFTコレクションを発売し、ファーストフードチェーンとしては初めて、コレクション可能なトークンを提供しました。

    Taco Bell NFT(Taco Art)は、同社が提供するファストフードを芸術的に描いたもので、Taco Bell NFT1枚に最大10イーサ(ETH)を支払う購入者もいます。同レストランチェーンのツイートによると、売却益は慈善団体に寄付されたとのことです。

    バーガーキング

    Burger King社も、”Keep It Real Meals “と名付けられたマーケティングキャンペーンの一環として、様々なデジタルグッズを発売し、NFT分野への参入を発表しました。

    バーガーキングのお客様は、お食事に付いているQRコードを読み取ることで、3つのゲームピースのうち1つと交換することができます。3つのトークンをすべて集めると、4つ目のトークンが与えられます。このトークンには、デジタルグッズ、ハンバーガー1年分、またはキャンペーンのスポークスマンである著名人との面会などが含まれます。

    マクドナルド

    中国では暗号関連のほとんどすべてが禁止されていますが、McDonald’s中国支店では、フランチャイズの31周年を記念したプレゼントの一環として、188個のNFTを従業員と顧客に配布します。

    このNFTは、デジタルアセット制作会社のCocafeと共同で、”Big Mac Rubik’s Cube “と題したプロジェクトで制作された、McDonald’s Chinaの新オフィス本部の3次元アートデザインです。

    The Pizza Hut

    ピザ食べ放題のビュッフェで知られるファストフードチェーン「ピザハット」のカナダ法人が、ピザのスライスのデジタルNFT画像で構成されるNFTプロジェクト「1 Byte Favourites」を開始しました。

    同社は3月17日、ピザ1枚のNFT画像を隔週で公開することを発表しました。それぞれのピザには固有のレシピが付いており、興味を持った購入者はRaribleを通じてNFTにアクセスすることができます。

    ピザハット・カナダのチーフ・マーケティング・オフィサーであるダニエル・メイメンによると、NFTキャンペーンは、”ファンの皆様に、たとえバーチャルであっても、お気に入りのピザハットのレシピを手に入れる別の方法を提供する機会 “であるとのことです。

    大企業の新たなマーケティングメディアとして

    マーケターたちは、他のネット上の流行と同様に、この斬新な技術を利用してパイを獲得し、人々の注目を集めようと、NFTの流行に飛びついた。

    ファーストフードやその他の消費財メーカーは、NFTバッジやその他のデジタルコレクションの専門用語をキャンペーンの一環として使用することが勝利の戦略であることをすぐに理解しています。

    限定品や希少品でなくても、大衆は法外な値段を払ってでもコレクターになり続けている。これがブランド・マーケティングの未来なのか、それとも一過性のブームなのか、まだ判断のしようがありません。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0