• Drops社がNFTレンディング・プラットフォームのテストネットを開始

  • NFTレンディングプラットフォームのパイオニアであるDropsは、10月27日にテストネットの立ち上げをプレスリリースで発表しました。この成果は、Dropsのロードマップにおいて、後日のメインネットの立ち上げに向けて準備を進める上で重要な意味を持ちます。

    DropsのNFT融資プラットフォームは、NFTトークンとDeFiトークンの所有者が、メタバースのアイテムを担保にして融資を受けることができるエコシステムを構築します。Dropsの中心的な目標は、これらの新興暗号のニッチに存在する流動性のギャップを埋めることです。

    Drops社の創業者兼CEOであるDarius Kozlovskis氏は、今回の成果について、NFTのエコシステムに付加価値を与える潜在的な可能性を強調しています。

    “ここ数ヶ月、NFTは暗号化の議論の中心になっています。”しかし、最近の暗号市場の暴落は、この新興市場の根本的な流動性の問題を露呈しました。”

    “DropsのNFT貸出モデルは、メタバースの世界とDecentralized Finance(DeFi)を結びつけることで、NFT市場に流動性をもたらすことを目的としています。

    そうすることで、NFTの所有者は遊休資産からより多くの価値を引き出すことができると考えています」とKozlovskis氏は付け加えました。

    NFTのレンディングプラットフォームが登場

    Dropsプロジェクトのロードマップでは、NFTレンディングプラットフォームを3つの段階で立ち上げるとしています。テストネットはその最初の段階で、興味のある参加者は申請書を提出し、参加方法を説明してもらいます。テストネットが成功した後、監査が行われ、最終段階であるメインネットの立ち上げに向けて準備が行われます。

    Drops NFTエコシステムのローンは、プラットフォームのネイティブトークンである「dNFT」と「dTokens」を介して、NFTの所有者に提供されます。これらのネイティブトークンは、DropsのパーミッションレスなレンディングプールにおけるNFTの担保を表すことを目的としており、NFTの所有者がローンにアクセスしたり、ローンを提供したりすることを可能にします。

    また、dNFTおよびdTokensは、既存の債務の返済にも使用されます。Dropsは、NFTの担保を使って借りられる金額の目安として、0~1の担保係数を設定しています。

    プロジェクトの創設者兼CEOであるDarius Kozlovskis氏は、メタバースの世界の可能性に興奮しており、NFTの成長を加速させるために、より多くのDeFiエコシステムと統合するだろうと付け加えています。

    “我々は、グローバルなデジタルコミュニティを構築する可能性を秘めたメタバースの未来に期待しています。”NFTやデジタルエコシステムの普及をサポートするために、将来的にはより多くのDeFiの機会を取り入れることを期待しています。”

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0