• 期待のずれ」により、ブラジルのBinanceディレクターが辞任しました。

  • Binance BrazilのカントリーマネージャーであるRicardo Da Ros氏は、就任後わずか6ヶ月で辞任しました。

    Binanceはブラジルに物理的な存在感を示しており、それは数少ない国の一つである。同取引所は2019年に現地市場に参入したものの、ブラジルの証券会社グループは今年3月、同国で不法に運営されているとして同取引所を提訴していました。

    ダ・ロス氏は、お別れのLinkedInへの投稿で、”私の役割に関する期待の誤解があり、私は個人的な価値観に基づいて決断を下した “と述べています。

    ダ・ロスは、時機を逸して辞任したにもかかわらず、「この6ヶ月間にブラジルで得られた素晴らしい成果に満足している」と主張しています。また、バイナンスが他の暗号通貨部門のモデルとなることを期待していると述べています。

    Da Ros氏は以前、アルゼンチンの暗号通貨取引所であるRipio社で同様の役職に就き、Ripio Visaカードなど多くの製品の開発を支援しました。

    この幹部の離職は、取引量で世界最大の暗号通貨取引所にとって、新たな後退となります。

    バイナンスの規制問題

    Binanceは今月初め、「我々の手に負えない状況」を理由に、Single Euro Payments Area (SEPA)からのユーロ銀行預金を禁止し、その後、欧州の決済処理会社Clear Junctionに解約されました。

    金融行為監督機構(FCA)は、6月に消費者向けの警告を発し、同国で唯一登録されているBinance Markets Limitedは、同国での活動を行う権限がないとしています。

    その結果、NatWestやSantanderをはじめとする多数の英国の銀行が、口座保有者の取引所へのアクセスを制限しました。

    イタリアの証券規制当局によると、Binanceは「投資サービスを提供する権限がない」とされています。FCAは、英国の消費者がメインウェブサイト(Binance.com)を通じてBinanceを利用できることを確認しましたが、マルタ、ケイマン諸島、日本、イタリアを含む多数の国の規制当局は、同取引所がいかなるサービスを行うことも認可されていないと述べています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0