• ソムニウムスペースのブランド広告用NFT専用ビルボードは10万ドル以上で販売されています。

  • ブランドのメタバースへの参入を支援することを目的としたSomnium Spaceの独占的なNFTビルボードが、10万ドル以上の値をつけました。さらに、このビルボードは、プラットフォームの制作者に新たな収益源をもたらしました。具体的には?ユーザーはビルボードを購入し、自分のLAND区画に設置することで、NFTの広告収入の一部を得ることができるのです。

    ソムニウムスペースは、ゲームやメタゲームのゲーム内マネタイズソリューションを提供するアドミックス社と共同でNFTを開発しました。11月14日から12月18日までの間に、2人は合計15個のNFTを3つのパックに分けてリリースします。このビルボードNFTは、公開時点ですでにOpenSea上で29.4ETH(または124,000ドル)以上の取引量を集めています。

    Somnium SpaceのビルボードNFTの詳細情報

    ソムニウムスペースのNFTビルボードは、小、中、特大の3サイズがあります。OpenSeaでは、ユーザーはNFTを入札し、自分の小包に設置することができます。これにより、ユーザーは「NFTが生み出す収益の最大90%を、NFTに応じて毎月CUBEで受け取る」ことができます。

    AdmixとSomnium Spaceは、最初の広告パートナーも確保しました!大手esports団体であるCloud.ggが、初めて広告塔にロゴを表示します。

    Admixはブログで、「今後数ヶ月の間にこれらのビルボードが設置されると、メタバースや皆さんの区画に、より多くのブランドが登場することになります」と書いています。”ブランド体験はいたるところに出現し、より多くのブランドが空間に存在することは、広告体験を常にコントロールしているクリエイターにとって、より多くの収益を意味します。”

    FacebookやMicrosoftのMetaverseの登場により、バーチャルな世界に手を出すブランドが増えています。そんな中、Somnium Spaceは、ブランドとユーザーの両方を支援するための戦略的な動きを発表しました。NFTビルボードの入札結果を見ると、この動きはすでに成功しているようですね。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0