• 1,700万ドルのシードラウンドを経て、国際クリケットNFTがFlow Blockchain上で開始されます。

  • Faze Technologiesは、水曜日にTiger Globalがリードする1,740万ドルのシードラウンドを発表しました。

    Fazeはまた、国際クリケット評議会(ICC)とのコラボレーションを発表し、今年初めにNBA Top Shotが人気を博したFlowブロックチェーン上で、クリケットのノンファンジブル・トークン(NFT)市場を立ち上げることを明らかにしました。

    FazeのCEOであるAnshum Bhambri氏は、プレスリリースの中で、今回の提携が “クリケットのためのメタバースの構築 “に活用されると述べています。

    Flow社のビルダーであるDapper Labs社、Cootue社、Sequoia Capital India社、SamsungNext社、Courtside Ventures社、Sacramento Kings社のオーナーであるVivek Ranadive氏などが出資しています。

    プレスリリースによると、Fazeのクリケットマーケットプレイスは、Top Shotと同じように、現在と過去の瞬間を利用します。また、「NFTの戦い」を中心とした「play-to-earn universe」を構築する予定です。

    クリケットのNFTプラットフォームが市場に投入されるのは初めてではありません。ポリゴンベースのゲームである「Rario」は、2つのクリケットリーグを搭載して8月にデビューしました。

    Bhambriは、以前のプロジェクトであるRound Labsを通じて、イーサリアムのブロックチェーン上でクリケットNFTを含む最小実行可能製品を開発したようです。

    「Dapper LabsのCEOであるRoham Gharegozlou氏は、声明の中で「Fazeと協力して、Flow上でICCと一緒に究極のクリケットファン体験を提供できることに興奮しています。「ICCの105の加盟国には10億人以上のクリケットファンがいますが、Fazeは世界中のクリケットファンがクリケットの最高の瞬間につながり、関与する方法に革命を起こしています」と述べています。

    9月、Dapper Labsは、76億ドルの評価額で2億5000万ドルの資金調達を発表しました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0