• マスク氏のツイートとタンザニアのニュースを受けて、ビットコインは初めて4万ドルを突破した

  • イーロン・マスク氏が「テスラは、採掘機の50%がクリーンエネルギーを使用したら、ビットコインの購入を再開する」と発表したことを受け、ビットコインは14%上昇しました。

    約3週間にわたって3万ドル台半ばから後半に低迷していたビットコイン(BTC)の価格は、月曜日に14%以上も跳ね上がり、魔法の4万ドルの壁を軽々と超えてしまいました。

    ビットコインの最高値は41,117ドルで、6月の月間最高値を更新し、価格変動が激しかった週末を経て、この日を迎えました。

    テスラのCEOであるイーロン・マスク氏の一連のツイートや、タンザニア共和国がビットコインの合法化を計画しているというニュースが、この熱狂的な盛り上がりを後押ししました。

    電気自動車メーカーであるテスラが2月に15億ドルのBTC購入を明らかにし、自動車の代金を暗号通貨で支払えるようにすると述べて以来、マスクはビットコインのパイドパイのような存在になりました。その後の数週間で、この行動は暗号通貨の価格を60,000ドル以上に押し上げるのに役立ちました。

    しかし、マスクはすぐに考えを改め、暗号通貨のエネルギー使用に関する懸念を理由に、テスラでは今後ビットコインを扱わないと発表しました。ビットコインの問題は、中国での規制強化によってさらに悪化しました。

    テスラのCEOであるイーロン・マスクは、ビットコインの価格に影響を与えているという苦情を受けて、ビットコインの禁止は一時的なものであると述べました。

    「テスラは、マイナーによる再生可能エネルギーの使用が公正(50%)であることが確認され、将来的に良好な傾向が見られれば、ビットコイン取引の許可を再開します」とマスクは日曜日にツイートしました。この確認をどのようにして得るかについては言及していません。

    エルサルバドルが先週、同国でビットコインを法定通貨にすると宣言したことは、市場には何の影響も与えませんでしたが、より大きなトレンドに火をつけたかもしれません。

    南米や中米のいくつかの国がエルサルバドルに倣うことに興味を示しており、タンザニアのサミア・スルフ・ハッサン大統領は日曜日、タンザニアの財務責任者に対して、暗号通貨を導入するための準備をしなければ、不意打ちを食らう危険性があると警告しました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0