• クレジットカード「BlockFi」の成功を受け、VisaがDeserveに出資

  • 決済の巨人であるVisaは、パロアルトに拠点を置くクレジットカード技術プロバイダーであるDeserveに投資を行いました。この投資の規模は、両社ともに明らかにしていません。Visaは、競合他社であるMastercardに追随しています。6月、MastercardはDeserveの5億ドルの評価額に貢献するため、同社の5,000万ドルの資金調達ラウンドに参加しました。昨年12月、この駆け出しのフィンテック企業は、Visaと暗号通貨の貸し手であるBlockFiと提携し、ビットコインバックの報酬を提供するカードを発売しました。

    7月初旬に発売されたこの商品は、承認された顧客が商品やサービスを購入する際に、最大の暗号通貨で1.5%の還元を受けることができます。このカードは大成功を収めました。BlockFiのCEOであるKalpesh Kapadiaによると、取引量は現在20億ドルに近づいており、顧客は平均的なカード保有者よりも50%多く消費しているという。Visaの暗号通貨事業の責任者であるAJ Shanley氏によると、同社は今後も暗号ベースのカードプログラムに取り組んでいくという。

    Deserve社との提携と新たな投資を心待ちにしており、暗号を利用したカードプログラムの導入を加速させるために協力していきたいと考えています。

    Visaは6月に、同社の暗号技術を搭載したカードの取引量が上半期に10億ドルを超えたと発表しました。

    今週初めには、競合他社のMastercardが暗号通貨会社Bakktとの提携を発表し、加盟店や金融機関が同社のネットワーク上で暗号サービスを提供できるようになりました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0