• 人型ロボット看護師「Grace」にはカルダノが搭載される

  • 人型ロボット「Grace」の人工知能(AI)モジュールに、カルダノブロックチェーンが採用されました。

    英語と韓国語を流暢に話すGraceは、Awakening Health社とSingularityNET社によって開発されました。グレースは、Awakening Health社とSingularityNET社が共同で開発したもので、高齢者介護や一般のヘルスケア分野で実用化されています。パンデミックの影響で高齢者向けロボット産業が大きく成長したこともあり、需要は問題ありません。

    強力なAIを搭載したGraceは、48の表情筋をシミュレートすることができ、患者さんとの有意義な社会的交流を可能にしています。

    カルダノの統合により、ロボットの性能が大幅に向上し、バイオデータをより短時間で処理できるようになります。

    さらに、SingularityNETのCEOであるBen Goertzelによると、医療記録を保護するために、カルダノはより安全でプライベートなものになるとのことです。

    このようなアプリケーションでは、ロボットはバックエンドで医療記録を扱う必要があり、高齢者や医療患者から提供される潜在的な機密情報も扱うことになります…。これにより、カルダノプラットフォームのセキュリティが広く活用されます。

    Cardano Summit 2021でGoertzelは、スマートコントラクトプラットフォームPlutusのアフォーダンスによって、Solidityの制限ではできない「多くの興味深いこと」を自社でできるようになると説明した。

    ULTCOIN365によると、このAIのパイオニアは最近、カルダノを “かなり優れている “と言及している。

    SingularityNETは9月、Ethereumベースの主要プロジェクトとしては初めて、主要なプルーフオブステークのブロックチェーンの少なくとも一部を移行することを発表しました。

    Goertzel氏はサミットに出演した際、AGIXトークンをCardanoのメインネットでローンチする日も「遠くない」と述べました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0