• Grayscale InvestmentsがスポットビットコインETFの計画を進めています。

  • 情報筋によると、Grayscale Investmentsは、世界最大のビットコインファンドをスポットビットコインETFに転換するための申請書を来週中に提出する準備をしているという。

    グレイスケール社は、証券取引委員会(SEC)が先物ベースのビットコインETFの競合他社を承認した時点で、すでに申請書を提出する予定でした。それが金曜日の深夜に同機関によって承認されました。

    ビットコインの資産クラスとしての受け入れ

    関係者によると、この申請は75日間の審査期間に入り、承認されれば、ビットコインを資産クラスとして正当化するための重要な一歩となるという。ビットコインは最近、価格が60,000ドルを超えて史上最高値に近づき、中国がビットコインやその他の暗号通貨を禁止するなど、いくつかの挫折に直面しながらも回復力を発揮しています。

    暗号投資家はまだ不満を持っています。

    ビットコイン先物ETFのデビューは重要なマイルストーンとみなされていますが、ETFは実際のビットコインではなく、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引されるデリバティブ契約にリンクされるため、一部の暗号投資家は不満を持ち、不十分なステップとみなしています。一方、グレースケール社のスポットビットコインETFアプリケーションは、ビットコインにリンクしたデリバティブではなく、ビットコインに裏付けられた投資を表しています。

    SECをスポットに

    Grayscale Investmentsは現在、GBTC信託を通じて世界のビットコインのかなりの部分を管理しています。先週の時点で、GBTCは38,7億ドルの資産を担当しています。同社は、2017年1月に初めてETFを申請したことで、暗号通貨投資の先駆者となっています。

    しかし、証券取引委員会からビットコイン市場に完全に馴染んでいないとの指摘を受け、申請を取り下げました。関係者によると、グレースケールの今回の申請は、SECの手を煩わせようとしていると見られており、彼らがビットコイン先物に馴染んでいるなら、規制当局も基礎となる市場に馴染むべきだというメッセージが根底にあるという。

    SECは、利用可能なオプションに基づいて、Grayscaleの申請を遅らせるか拒否するかを選択することができます。Grayscale社のCEOであるMichael Sonnenshein氏も、SECが先物ベースのETFを優先していることについて、近視眼的で投資家にとって有害であると公に批判しています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0