• How to Hedge Your Crypto Portfolio:初心者のためのガイド

  • 暗号投資家は、さまざまな戦略を用いて、この分野への投資に伴うリスクを軽減することができます。

    暗号通貨のヘッジ。ステップ・バイ・ステップ・ガイド

    ここ数週間、多くの暗号通貨が史上最高値を更新しており、取引量は1年を通して急増しています。暗号通貨市場は、これまでで最も長い強気の相場の真っ只中にあり、このサイクルは少なくともあと数カ月は続くと多くの人が考えていますが、市場の今後の動きを予測することは不可能です。

    市場のピーク時には、楽観主義が合理的な意思決定に影響を与えることがあります。価格が上昇すると、投資家はレバレッジを高めたり、リスク管理戦略を無視したりしたくなるかもしれませんが、これは下降局面では悲惨な結果を招きかねません。

    暗号通貨の「HODL」メンタリティは、すべての投資対象を売却せずに持ち続けることを提唱していますが、すべての人にとって最適な戦略とは限りません。暗号市場で成功したい人のために、ポートフォリオをヘッジするために使用できる、いくつかの試行錯誤された戦略があります。

    ドルコストの平均化

    利益を得ることは、おそらく市場でのリスク管理の最も単純な方法です。しかし、売ることにもリスクはあります。早すぎる撤退は、価格の上昇が続いた場合に大きな利益を逃してしまう可能性があります。そこで、よく知られているのが「ドル・コスト・アベレージ」(DCA)戦略です。DCAは、一度に資金を投入するのではなく、少しずつ資産を購入したり、保有する資産全体を売却したりする方法です。DCAは、暗号通貨のような変動の激しい市場で特に有効です。

    DCAは、価格変動の不確実性の管理に役立ち、売り時を判断するのに有効です。強気の市場がいつピークに達するかを予測するのではなく、市場の上昇に合わせて少しずつ売っていけばいいのです。

    利益を上げている多くのトレーダーは、何らかの形でこの戦略を利用しています。DCAを利用して、毎月の給料の一部で暗号通貨を購入する人もいれば、毎日または毎週のように購入する人もいます。Coinbaseなどの集中型取引所では、DCA戦略を自動的に実施するためのツールを提供しています。

    暗号の弱気市場は、歴史的に資産を蓄積するのに最適な時期でした。一方、強気の市場は、売るのに最適な機会を提供してきました。DCAは、市場の循環的な性質を考慮すると、最も効果的です。

    ステーキングとイールド・ファーミング

    DeFiと安定コインの導入により、投資家は自分のポートフォリオからリターンを得ることができるようになりました。保有資産の一部を安定コインで保有することで、市場の変動に対するエクスポージャーを最小限に抑えながら、有利なイールドファーミングの機会を利用することができます。AnchorやCurve FinanceのようなDeFiプロトコルは2桁の利回りを提供することで知られているが、他の新しい流動性プールのレートはかなり高くなる可能性がある(新しいイールドファームはリスクも高いと考えられる)。

    受動的収入を得るためのもう一つの効果的な方法は、暗号トークンをステークすることです。ステイキングした資産の価値が上がれば、イールドリターンも上がります。一方、Lido Financeのような流動性のあるステークは、ステークした資産を表すトークンで利回りを得る方法です。ステイキングを行うことで、資産の価格が下がったとしても、その資産に応じた利息を得ることができます。

    テクニカル分析とオンチェーン

    トレーディングやテクニカル分析には一定の知識と技術が必要ですが、基本的なことを学ぶことは、市場で優位に立ちたいと考えている人にとって有益です。高額なトレーディングコースを購入したり、短期売買に時間を割かなければならないというわけではありません。しかし、移動平均線のようないくつかの重要な指標を知っておくことは、利益を得るタイミングなどの判断に役立ちます。

    また、クジラの蓄積状況や資金調達率など、チェーン上の動きを分析する方法も多くのツールで提供されています。また、資産の「公正価値」を求めることも、テクニカル分析のひとつです。市場に影響を与える要因は非常に多いため、マクロ的な視点から市場の全体像を分析することも有効です。例えば、暗号の「ブラック・サーズデー」イベントの前にコロナウイルスへの懸念があったことから、市場は大規模な反落の準備をしていることが示唆されました。

    資産保管とDeFiのカバレッジ

    暗号保護の最も重要な側面の一つが保管です。適切なウォレットを使用し、秘密鍵を保護することが重要です。ハードウェアウォレットなどのコールドウォレットは多額の資金の場合に推奨されますが、MetaMaskなどのホットウォレットは、一般的に暗号通貨の保管には適していないとされています。

    投資家は、DeFiの機会を生かすためにETHなどの資産をスマートコントラクトにロックすることが多いですが、ハッキングなどのリスクから守る方法もあります。DeFi保険に似たNexus Mutualのようなプロジェクトは、取引所のハッキングやスマートコントラクトのバグに対するプロテクションを販売することで、暗号ポートフォリオのリスクをヘッジする方法を提供しています。

    ポートフォリオ開発

    リスク管理のもう一つの重要な側面は、ポートフォリオの構築です。どの資産をどれだけ購入するかの選択は、ポートフォリオの全体的なリスクレベルに大きな影響を与えます。他の資産や預貯金と比較して、暗号通貨への投資額を検討することが重要です。さらに、投資すべき適切な暗号プロジェクトを選択することは、リスク管理の重要な部分です。同様に、資産を取引する人にとっては、ポートフォリオの中で積極的に取引できる部分を区別することが重要です。

    一般的なルールとして、ポートフォリオの各資産の時価総額を考慮する必要があります。ビットコインやイーサリアムなどの主要な暗号通貨はボラティリティが高いものの、流動性の高さやリンディ効果により、多くの低時価総額プロジェクトよりもリスクが低いとみなされています。しかし、時価総額の低いプロジェクトでも高いリターンを得ることができます。ポートフォリオの構築は、最終的には各個人のリスク許容度、財務目標、時間軸によって決定されます。過去のデータによると、より大きなキャップのプロジェクトに投資することで、長期的に利益を得ることができます。

    また、ポートフォリオの配分は、さまざまな資産タイプにも当てはまります。今年のNFT爆発に参加した多くのコレクターは良いお金を稼ぎましたが、NFTは他のほとんどの暗号トークンよりも流動性が低いです。ビットコインやイーサリアムなどの資産は、すべての取引所でほぼ同じ価格で取引されているのに対し、NFTは交換可能ではありません。このため、市場の関心が薄れたときに、固定価格で買い手を見つけるのが難しくなることもあります。NFTは新しい市場の新しい技術であるため、投資はまだ非常にリスクが高いと言えます。

    購入方法の選択肢

    オプションは、買い手が所定の価格で資産を購入または売却できるデリバティブ契約の一種です。プット・オプションは、暗号通貨ポートフォリオでロング・ポジションを持っている人にとって、リスクをヘッジする効果的な方法です。プット・オプションは、指定された価格で、指定された期間内に資産を売却する権利を付与します。これにより、投資家は市場の低迷時に空売りすることで、ポートフォリオを保護することができます。

    一方、コール・オプションは、将来、所定の価格で資産を購入する機会を与えるもので、事実上、ロング・ベットの一種です。投資家が市場の低迷時に早期に利益を得た場合、コール・オプションを保有していれば、将来、市場が上昇すると信じている場合には、所定の価格で市場に再参入することができます。オプションは複雑な商品なので、経験豊富なトレーダーや投資家のみが利用すべきものですが、ユーザーに有益なリターンを提供することができます。

    最後に、暗号投資には莫大なリターンを得られる可能性があります。歴史的に見ても、暗号通貨は地球上の他の資産とは比べ物にならないほどのアップサイドの可能性を秘めています。しかし、基本的には、潜在的な利益が大きいほどリスクも大きくなります。様々なヘッジ戦略を使用することで、リスクを軽減しながら、この分野で得られる報酬を増やすことができます。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0