• 気候変動が懸念される中、ビットコイン・マイナーはさらなる核取引を確保

  • ビットコイン(BTC)の採掘者たちは、無駄になってしまう余剰電力を利用する方法を模索し続けており、今回は二酸化炭素を排出しない原子力発電所の運営者と握手を交わしました。

    なぜなら、原子力発電所は安価な電力源との競争が激化する中でより多くの顧客を必要としており、ビットコイン・マイナーはまさに彼らが提供する安定したカーボンフリーの電力を必要としているからです」と「幹部やアナリスト」は述べています。

    さらに、電力消費や環境への影響について反発を受け続けているマイナーにとって、このソリューションは特に適していると言えるでしょう。

    報告書によると、オハイオ州にあるStandard Power社のマイニングセンターは、12月から原子力発電機Energy Harbor Corp.からの電力供給を開始します。また、Talen Energy Corp.は、ビットコイン・マイニング企業であるTeraWulf Inc.と合弁会社を設立。ペンシルバニア州にある同社の原子力発電所の近くで、サッカー場4つ分の大きさのマイニング施設のための土地開発を開始したという。

    報道によると、新しい原子力プロジェクトは、暗号通貨の採掘者にも興味を持っているようです。既報の通り、カリフォルニア州でクリーンエネルギープラントを開発しているOklo社は、7月に米国のビットコインマイニングハードウェアとホスティングのオンラインマーケットであるCompass Mining社と20年間の商業提携を発表し、化石燃料を補うために高度な核分裂を導入し、”採掘者が使用するエネルギー源の多様性と持続可能性を促進する “としています。

    この合意には、電力の設定価格は含まれていませんが、Compass社のCEOであるWhit Gibbs氏は、ULTCOIN365に対し、暗号通貨のマイニングで利益を得られるような価格に両社が合意すると確信していると述べています。Okloの共同設立者でCEOのJacob DeWitte氏は、興味を持った他のビットコイン採掘業者から問い合わせがあったと述べていますが、連邦政府の承認がまだ必要で、これは2023年から2025年まで実現しそうにありません。

    それにもかかわらず、エネルギー顧問会社Customized Energy SolutionsのディレクターであるBill Duganは、より多くの「原子力ビットコインの提携」が予想されるものの、多くの原子力発電所を救うほどの規模や早さにはならないだろうと考えている。

    一方、フランシス・スアレス市長は、フロリダ・パワー&ライト社の原子力発電所を引き合いに出して、マイアミを暗号通貨の採掘者、取引所、投資会社の目的地として宣伝しています。スアレス氏によると、原子力発電所の近くにマイニング施設を設置したり、マイニング機器の倉庫を建てるための安い土地を見つけたりする可能性について、この会社の関係者と話し合いが持たれているそうです。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0