• EIP-1559は強気のイーサリアムマイナーにはまだ影響がないのか?

  • イーサリアムは10月に成功を収め、43%の上昇で月を終えました。どのような資産であっても、良い第4四半期を迎えるためには、良い10月が必ず必要であり、投資家は現在のポジションに満足しているようです。

    しかし、彼らだけではなく、マイナーも10月の利益の恩恵を受けているようです。そして、EIP-1559が彼らに悪影響を及ぼすのではないかという不安は、徐々に解消されつつある。

    イーサリアムマイナーの新高値

    イーサリアムは10月を通して強気の動きを見せたため、取引量やトランザクション量が大幅に増加し、投資家からも大きな流入がありました。蓄積の傾向は強く、イーサリアムマイナーにとっても利益のある月となりました。

    10月中にネットワークに参加した新規マイナーアドレスは600以下だったにもかかわらず、これまでのマイナーの一貫性により、ハッシュレートは連日史上最高値を更新しました。急激な変化がない限り、ハッシュレートはこのまま上昇していくはずです。

    朗報は、投資家の強気な行動の結果、マイナーに支払われた手数料の総額が16,317ETHと5カ月ぶりの高水準に達したことです。手数料だけでマイナーの総収入の54.1%以上を占めている。

    さらに、投資家の収益性に基づいて、マイナーはこの強気を最大限に利用しており、投資家のように強気に売り込むこともしていません。

    その結果、彼らの総埋蔵量は10月中に23k ETH増加しました。そして、それは今後も続くと思われます。

    EIP-1559の影響はどうでしたか?

    ここで興味深いのは、EIP-1559の手数料燃焼メカニズムでさえ、マイナーにはほとんど影響がなかったということです。EIP-1559が導入されたことでマイナーの収益は悪化しましたが、最近の市場動向を見ると、マイナーの収益の大半はベースフィーによるものとなっています。

    さらに、8月以降、727kETH以上が燃やされましたが、これは全流通量の0.61%に過ぎません。これは、EIP-1559がマイナーや投資家にとって、これまでも、そして今後も問題にならないことを示しています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0