• ライトコインは10年経っても期待に応えられるか?

  • 2009年にビットコインが登場した後、Namecoin、Ixcoin、Tenebrix、Solidcoinなどの新しい暗号通貨が続々と登場しました。しかし、それらの大半は、あっという間に消えてしまいました。

    一方、ライトコインは、生き残った数少ないコインのひとつです。実際、「ビットコインの金に対する銀」は、この分野での10年の終わりに近づいています。数々の障害を乗り越えたライトコインは、クリプトバースの中に家を見つけたように見えます。

    信じられないほどの拡大

    ライトコインは、この分野の他の「新参者」と同様に、初期の頃は人気を得るのに苦労しました。創設から5年以上にわたって1,000万を下回る状態が続いていたが、2018年から21年にかけて、アドレス総数が5倍に増加した。

    驚くべきことに、本稿執筆時点では1億に迫る勢いである。最近の急激な増加は、明らかにライトコインが一貫して有機的に成長している証拠である。

    さらに、コインの重要な寿命指標である休眠度は、全体的な蓄積の傾向がまだ続いていることを示しています。このように、コインの平均休眠期間は、各コインが動かずにいた平均日数を表しています。

    この指標は最近、かなり緩やかに推移しており、取引に比べて使用済み/実現済みの破壊が抑制されていることを意味しています。

    また、ライトコインの収益性も時間の経過とともに向上しています。添付のITBチャートによると、現在、HODLerの70%以上が “in the money “となっています。これに対して、残りの3割は損をしているか、収支トントンということになります。現在の市場の状況を考えると、この数字は妥当だと思われます。

    大きな流れとしては、LTCは市場のすべての強気の局面で投資家に大きなリターンを提供してきましたし、下降局面では評価額のヘアカットを提供してきました。つまり、過去10年間、市場の上げ潮がLitecoinの船を持ち上げたことが多く、その逆もまた然りです。

    唯一の曖昧さは

    このコインは前述の面では優れたパフォーマンスを発揮していますが、コミュニティの一部のメンバーは、開発面が設立当初から軽視されていると考えています。事実、このコインの周りには、非実用性や冗長性に対する嘲笑が常につきまとっています。では、これらのレッテルは正当なものなのでしょうか?

    いいえ、ほとんどの場合はそうではありません。そもそも、LTCは「期待の荷物」を背負ったまま、この数年間を無事に乗り切ってきたことを忘れてはならない。それどころか、ほとんど不満を感じたことがない。

    次に、比較的「古い」プロトコルは、一般的に開発に時間がかかり、変化するエコシステムに適応する必要があります。現時点では、ライトコインには余裕が必要です。特に、ライトコインのSegWitや、最初のクロスチェーン・スワップなどの開発は、実現するまでに時間がかかりました。その結果、Mimblewimble、スマートコントラクト、NFTが完全に稼働するのは、もはや「もしも」の問題ではなく、「いつ」の問題となっています。

    現在進行中の開発案を考慮すると、ライトコインは高級ワインのように熟成していると言っても間違いではないでしょう。前述のアップグレード、調整、追加を経て、このネットワークはこれまで以上に重要なものとなるだろう。

    近い将来、この成長パターンが一貫して続くなら、LTCは市場全体のトレンドの束縛から抜け出し、独立した上昇を開始してHODLersを驚かせることができるでしょう。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0