• ビットコインが12月までに10万ドルに到達することに市場は近づいているのか?

  • より高性能で効率的なチェーンが出現しているにもかかわらず、ビットコインは歴史的に暗号空間で最も投機的な資産の1つとなっています。驚くべきことに、その理由は一つしかありません。ビットコインは単なるコインではないからです。

    その価値は金に匹敵します。さらに、投資家たちはこのキングコインを信じて止まず、10万ドルを超えるために全力を尽くしています。

    果たしてそれは可能なのか?

    というわけで、いろいろな意味で10月の終わりは意義深いものとなりました。そもそも、今月のBTCの終値は、第4四半期(Q4)の残りの期間の流れを決定づけました。次に、投資家の参加と強気の姿勢が、今後2ヶ月間の最も重要な推進要因となります。

    しかし、投資家が自分のカードを正しく使っているかどうかを確認するためには、投資家の動きを過去と照らし合わせて検証する必要があります。そのためには、すべての投資家の中で最も重要なセグメントに注目します。それは「長期保有者」です。

    LTH-Net Unrealized Profit-Loss指標によると、ビットコインはEuphoria-Greedゾーンに近づいています。

    BTCは、このゾーンに到達するたびに史上最高値を更新してきた。0.5と0.75の間のbelief-denialゾーンでさえ、歴史的に市場のピボットポイントとなってきました。LTHがこのゾーンにとどまり、売らないでいると、ラリーが見られます。ですから、今回もHODLを続けてくれれば、良い結果になるかもしれません。

    価格変動も可能性としてはあるようです。方向性については確実ではないが、BTC投資家の動きは観察できる。特に、1ヶ月以上前のコインが流通し始めている。

    市場が好調なときには、このような行動がよく見られます。このように、現時点では、このコホートが1日の総取引量の6%を占めています。

    しかし、この強気を支える最も重要な材料となるのがRVTレシオです。本稿執筆時点では強気の下限ゾーンにあり、活動が活発化していることを示しています。また、ネットワークの取引量も非常に多く、最近達成したRealized Capの過去最高に匹敵しています。

    その結果、すべてが計画通りに進めば、来月末にはビットコインが10万ドルに達すると予想されます。実際、Stock-to-Flowモデルは、現在の価格と推定価格の差を縮めているように見えます。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0