• イスラエルがイーサリアムをベースにしたデジタルシケルを開発中(レポート

  • 報道によると、イスラエル銀行は、イーサリアムのブロックチェーンをベースにした中央銀行のデジタル通貨を作ることを目的として、デジタル通貨のパイロットプログラムを開始しました。しかし、このプロジェクトは、いくつかの大きな課題に直面する可能性があります。

    イスラエル、CBDCを目指す

    中国、日本、フランス、スウェーデンなど、多くの先進国では、自国通貨のデジタル化に向けて何年も前から取り組んでいます。

    Globesによると、イスラエルの中央銀行もこの流れに乗り、CBDCの発行を進めています。この移行を容易にするために、同機関はイーサリアムネットワークを選択しました。イスラエル銀行のCBDCプロジェクトマネージャーであるYoav Soffer氏は、その理由を次のように説明しています。

    “イーサリアムの技術でトライアルを行ったのは、それが我々の使う技術になると信じているからではなく、その長所と短所を理解するために手を汚すことができる技術だったからです。”

    イスラエル銀行は、チームを編成して、イーサリアムのブロックチェーンをベースにした試験環境を構築し、CBDCを代表するトークンを発行しました。そして、チームメンバーが銀行内で「架空のデジタルシェケル」を交換できるデジタルウォレットを作成しました。

    なお、オーストラリア、香港、タイも同様の方法でCBDCプロジェクトを進めており、イスラエルは法的、経済的、技術的な側面からも検討を行っています。

    ソファーは今回の取り組みを「難しい」と表現した。また、プロジェクトの複雑さゆえに、完成時期を示すことが難しいとも述べた。

    「イスラエル銀行のプロジェクトは、一般的に開始日と終了日が決まっています。いつ終わるのか、途中で何を達成しなければならないのかがわかるのです。このプロジェクトは、いつ終わるのか、それがわからない。

    問題点について

    イスラエルではCOVID-19のパンデミックの際に、デジタル決済の方法が増加しました。そのため、CBDCの発行は、社会の新しい習慣に合わせた実行可能なオプションであると思われる。しかし、それにもかかわらず、いくつかの困難に直面している。

    イスラエル銀行は、現地の人々のすべてのニーズを満たすことができるデジタル版のシケルを作ることができるかどうかわからない。さらに、そのような製品のインフラは、長期的にサポートする準備ができていないようです。

    例えば、イスラエルのトップ金融機関は、緊急時やネットワーク停止時に、ネットワークが停止していても取引を決済できるようなソリューションを用意しなければなりません。

    また、中央銀行は、他の決済手段と比較して利用しやすく、競争力のあるCBDCを開発しなければなりません。そうでなければ、イスラエルの人々は日常の取引を他の伝統的な方法で決済するだけになってしまいます。

    最も難しいのは、現金を使っている人々にデジタル決済への切り替えを説得することです。良くも悪くも、前者は匿名性が高いのに対し、後者は政府に監視され、個人のプライバシーが脅かされるからだ。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0