• メキシコの第三の富豪がビットコインの購入を勧める – 米国は第三世界の国のようになっていると語る

  • メキシコで3番目に裕福な億万長者であるRicardo Salinas Pliego氏は、投資家に “今すぐビットコインを買え “とアドバイスしました。さらに彼は、米国は “ますます無責任な第三世界の国のようになってきている “と述べました。

    Ricardo Salinas Pliego on Bitcoin and the US Economy(リカルド・サリナス・プリエゴ、ビットコインと米国経済について

    水曜日、メキシコの大富豪Ricardo Salinas Pliego氏が、米国経済とビットコインについてコメントしました。同氏は、通信、メディア、金融サービス、小売店などの事業を手がけるコングロマリット、グルーポ・サリナスの創業者兼会長です。フォーブスの億万長者リストによると、彼の純資産は現在142億ドルです。

    11月18日、サリナス氏は、連邦準備制度の資産総額(統合による消去分を除く)の週次チャートを更新してツイートしました。総資産額は8兆6,700億ドルを超えている。億万長者はツイッターに投稿した。

    米国は、他の無責任な第三世界の国と似てきている…。

    偽札製造の規模を見てみましょう。今すぐビットコインを購入しましょう。

    長い間、メキシコの億万長者はビットコインを支持してきました。昨年11月には、流動性のあるポートフォリオの10%をビットコインが占めていることを明らかにしました。

    また、6月には、自分の銀行でビットコインを受け入れる計画を発表しました。「私はビットコインの使用を推奨しており、私の銀行と私は、メキシコで最初にビットコインを受け入れる銀行になるために取り組んでいます」とツイッターで述べています。

    ビットコインと金の比較というテーマでは、ビットコインへの投資を勧めました。6月には、「ビットコインは新しい金だ」と断言し、「はるかに持ち運びができる」と付け加えました。ビットコインを持ち歩くことは、金の延べ棒をポケットに入れるよりも「はるかに簡単」だと発言しました。

    8月には、メキシコの第3位の富豪がツイートしました。

    私はビットコインには明るい未来があり、世界を変えると信じています…しかし、それは時間が解決してくれるでしょう。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0