• NFTはもはやプロスポーツリーグの抵抗を受けない。ダッパーラボ

  • Dapper Labs社のパートナーシップ責任者によると、プロスポーツリーグは、今年のNFTの急速な成長の中で、NFTに手を差し伸べました。

    NBA Top Shotを開発したDapper Labs社によると、プロスポーツリーグは、NFT(ノンファンジブル・トークン)がホットになっている今、調査することに抵抗を感じなくなっているそうです。

    Dapper Labsのパートナーシップ責任者であるCaty Tedman氏は、月曜日にYahoo FinanceのAll Markets Summitで、2021年初頭のセクターの活況の中で、プロスポーツ団体のNFTに関するスタンスが突然変化したと述べ、次のように述べています。

    「話題が大きく変わり、ここに何かがあるという認識が出てきたと思います。NFTが存在している今、ほとんど反発を受けていません。”

    Dapperは、2020年末に「NBA Top Shot」を発売し、スポーツ公式ライセンスNFTの先駆者としての地位を確立しました。それ以降、同社はナショナル・フットボール・リーグ(NFL)、女子ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(WNBA)、スペインのサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」、アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)など、他の主要スポーツリーグと提携しています。

    テッドマンは、Dapperが最初にNBAと話し合ったことについて、NFTがスポーツマーチャンダイジングの手段として機能することがまだ証明されていないことを懸念していたと述べ、次のように述べています。

    “当時は説明不足で、弁護士や金融関係者と、二次的な収入があるとはどういうことなのかについて、多くの時間を費やしました。”

    商品には二次的収益がない […] 消費者が資産を永続的に所有するとはどういうことなのか?”

    テッドマンによると、Dapperは「幸運にもNBAからスタートすることができた」そうです。NBAのグローバルパートナーシップ&メディア担当副社長のアドリアン・オキーフが、NFTの検討に前向きだったからです。

    CryptoSlam社のデータによると、NBA Top Shot NFTの10月の流通販売額は3,200万ドル以上で、前月比58%増となっています。

    ULTCOIN365によると、NBA Top Shot NFTの1日の取引量は、10月15日にレトロな「Run It Back 2005-06」パックの販売を開始した後、440%以上増加しました。

    10月に急増したにもかかわらず、取引量は2月の高値を大きく下回っており、2億2400万ドルのセカンダリーセールスを記録しました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0