• Niumが世界初のサービス型暗号プラットフォームを発表、DeFiとCeFiのギャップを埋める

  • 最先端のAPIベースのプラットフォームであるNiumは、銀行やその他の金融機関がアプリに暗号機能を搭載することを可能にする最初の企業となります。これには、一般的な暗号通貨の保存、購入、販売の機能が含まれます。Niumは最終的に、安定したコインのウォレットをサポートする予定です。

    さらに、企業向けのグローバルな決済とカード発行のリーダーであるNiumは、米国でのカード発行機能を拡大し、グローバルなBanking-as-a-Serviceソリューションのフルスイートを拡大します。

    2022年までに、20種類の暗号通貨を35カ国でサポートする予定です。

    今年、米国でのNiumのサービスは5つの暗号通貨をサポートする。来年には35カ国で20に達するという。暗号の総時価総額は2兆1,900億ドルに達しており、Niumのプラットフォームが立ち上がるのにこれ以上のタイミングはありません。その結果、このアセットクラスは、GDPベースで世界第8位の経済規模となっています。

    コンプライアンスモニタリングは、暗号通貨取引所をサポートするために使用されます。

    ユーザーは、Niumのプラットフォームへの単一のAPI接続を介して、カストディ、ブローカー、KYC、規制とコンプライアンスの監視、および暗号取引の処理で、暗号の保有と取引を行うことができます。規制されたエンタープライズグレードのソリューションであるPaxos Crypto Brokerageがこれらのサービスを支えています。

    Niumの共同設立者兼CEOのPrajit Nanuは、次のように述べています。

    当社のグローバルなお客様は、最先端のフィンテックサービスを取り入れることで、自社のコアサービスを差別化する新しい方法を求めています。当社の組み込み金融ソリューションは、すべての企業がイノベーションへの道を加速するのに役立ちます。当社は、APIベースのシームレスな接続を通じて、決済やカード発行、そして現在では暗号化のためのモジュール式フィンテック要素へのアクセスを提供しています。これらの要素は、ほとんどのアプリケーションに迅速かつ容易に組み込むことができ、ビジネスをより一層、迅速に進めることができます。

    世界で最も包括的なペイアウトとペイインのソリューションを提供しています。

    Niumは、世界で最も包括的なカード、引き出し、および預金ソリューションの1つを持っています。これらのソリューションは、大規模なBanking-as-a-Serviceスイートの一部として、またはスタンドアロンのサービスとして統合することができます。このプラットフォームでは、85カ国へのリアルタイムペイアウト、100以上の通貨で最大190のトータルペイアウトが可能です。また、35の市場へのペイインも可能です。

    最後になりますが、NiumはPax Dollar (USDP/USD)をバックアップしており、これはUSDと現金同等物によって完全にバックアップされています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0