• ソラナでは、絵文字を使ったおとりよせで138,000ドルを集めた

  • 未知のアクターがNFTや顔文字を使って、ソラナネットワーク上でおとり捜査を行いました。

    NFTとして提供された絵文字

    詐欺師または詐欺師は、約束されたオリジナルのNFTアートワークではなく、既存の絵文字を販売しました。

    Iconics」は、このプロジェクトに与えられた名前です。このプロジェクトは、17歳の未知のアーティストがDiscordサーバー上で作成したとされる3Dアート作品の形でNFTを提供することを約束していました。

    プロジェクトのチームは、NFTを1個あたり0.5SOLで一般購入できるようにした。合計2000個のNFTが鋳造・販売され、チームは13万8000ドル相当の1000SOLを手にして逃走した。

    NFTの中身は、販売後まで投資家には明かされなかった。しかし、”Iconics “という名前は、顔文字を使ったおとり捜査が最初から計画されていたことを意味している。

    著名人が売却を支持した。

    売却に先立ち、ソルバケッツやソラナNFTレーダーなど、ソラナコミュニティの著名人がプロジェクトを推進し、NFTを “ユニークなアート作品 “と評しました。

    ソラナネットワークでNFT詐欺が行われたのは、今日の事件が初めてではない。先月、Solana Astro Solsというプロジェクトが、インターネットから消える前に、購入者から640万ドルのSOLを騙し取った。

    ソラナの人気が高まっていることもあり、ここ数カ月で何百もの新しいNFTやDeFiプロジェクトがブロックチェーン上で立ち上げられている。

    このネットワークは、低い手数料と取引時間、そして80億ドル以上のトータルロックバリュー(TVL)を持つことから、詐欺師と正当な開発者の両方にとって魅力的なターゲットとなっています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0