• PolkadotがWanchainのクロスチェーン・インフラに統合されました。

  • 分散型ブロックチェーンの相互運用ソリューションであるWanchain社は、先日、同社の非custodialクロスチェーンのインフラを、シャード化された異種マルチチェーンブロックチェーンネットワークであるPolkadotと統合することを発表しました。

    PolkadotはWanchainを介して他のネットワークと連携しています。

    ULTCOIN365で共有されたプレスリリースによると、WanchainはPolkadotをEthereum、Moonriver、Wanchain、Avalancheなどの他のブロックチェーンプロトコルに接続するいくつかのダイレクトブリッジを展開しています。

    PolkadotのネイティブトークンであるDOTを使って、サポートされているネットワーク上のプロジェクト開発者は、様々な分散型アプリケーション(dApps)を作成することができるようになります。

    Wanchain社のソリューションは、開発者が他のブロックチェーンネットワークで作成されたトークンと対話しようとする際に遭遇する困難を解消することを目的としています。

    その相互運用性インフラは、Polkadotをより広範なDeFiクロスチェーンに接続し、DOTを複数のチェーンで取引したり、EVM対応の様々なスマートコントラクトで使用したりすることを可能にします。

    Wanchain社のVP of Business Development and OperationsであるLi Ni氏は、コメントの中で次のように述べています。

    “私たちは、資産、データ、コマンド、ユーザーが単一のチェーン上で孤立したり、単一の規格に制約されなくなって初めて、ブロックチェーン技術が広く採用されると確信しています。”Wanchainは先月、MoonriverとAvalancheを、より大きなクロスチェーンのDeFi業界に接続するクロスチェーンブリッジを開始しました。Wanchainは今、Polkadotを他のブロックチェーンコミュニティに接続しています。”

    相互運用性のある未来を作る

    このプロジェクトでは、世界最先端のクロスチェーンソリューションと称して、高度に分散化された相互運用可能な未来を構築することを究極の目標としています。

    その結果、Wanchainが暗号通貨業界で最も注目されているブロックチェーンネットワークの一つであるPolkadotと統合したことは、重要なマイルストーンとなります。

    また、ブロックチェーン業界は急速に進化しており、その進化の次のステージは、資産、データ、スマートコントラクトコールのクロスチェーンの相互運用性によって定義されると考えています。

    Wanchainは最近、PolkadotのEthereum互換のスマートコントラクトプロトコルであるMoonbeamと協力して、PolkadotのカナリアネットワークであるKusamaのDeFiエコシステムを改善するマルチチェーンソリューションを開発しました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0