• Polygonは、デイリーアクティブアドレス数が300%増加し、Ethereumを超えました。

  • ポリゴンは火曜日、同社のネイティブコインであるMATICのデイリーアクティブユーザー数(DAU)が、初めてイーサリアムを上回ったことを報告しました。オンチェーンの統計によると、月曜日にポリゴンネットワークとやりとりしていたアクティブアドレスの数が、当時32万6,000人だったイーサリアムの数を上回ったとのことです。

    イーサリアムの現在の時価総額が3,550億ドルであるのに対し、ポリゴンのネイティブトークンであるMATICの時価評価額が75億ドルであることを考えると、これは大きな成果です。

    ポリゴンは、世界中でユーザー数を増やしています。

    ポリゴンは、世界中のユーザーや他のネットワークからの人気が急上昇しており、開発者たちは、このネットワーク上で新しいパートナーシップや製品を次々とリリースしています。イーサリアムのレイヤー1ネットワークをベースにしたこのネットワークは、イーサリアムを、セキュリティで保護されたレイヤー2チェーンとスタンドアロンチェーンを備えたマルチチェーンのエコシステムに変えることを目指しています。

    ポリゴンは最近、DAppsのメタバースに進出し、すでに500以上のDappsがポリゴンのエコシステム上で活発に活動しており、混雑、高いガス代や処理費用などの問題を抱えているイーサリアムに打撃を与えています。

    その結果、Coinbase、Okex、Huobi、Binanceなどの取引所が興味を示し、その他の取引所も、主に取引手数料や決済時間の短縮を目的として、ポリゴンのスケーリングソリューションをネットワークに組み込むためのパートナーシップを現在検討しています。

    イーサリアムの魅力は失われつつあるのか?

    イーサリアムは取引手数料が不安定なため、手数料が安く、取引速度が速いことから「イーサリアムキラー」と呼ばれるSolana、Cardano、Polygonなどのレイヤー2ネットワークに移行するユーザーが増えています。

    ポリゴンを利用して作品を制作・発表するクリエイターが増える中、ポリゴンのNFTプログラムの台頭は、イーサリアムネットワークにさらなる打撃を与えることになりそうです。Polygon Studiosは、Blockchain Gaming & NFTエコシステムのための新しい部門であり、NFT & GamingのデファクトプラットフォームとしてのPolygonの既存のリーダー的地位を強固にすることを目的として、7月に設立されました。

    ポリゴンには現在、10万人以上のブロックチェーンゲーマーがおり、その強力なインフラにより、ブロックチェーンゲーマーやNFTチームのためのNFTの作成や立ち上げを全面的に行うことができます。Open Sea、Decentraland、Sandbox、Atariなどの主要なNFTプラットフォームやDAppsが、今回のNFTベンチャーでポリゴンと協力しています。

    また、イーサリアムの+732.01%に対し、MATICは+5,788.30%の年間累計上昇率を記録しています。同コインの価格はプレスタイムには1.12ドルで取引されており、週に4.85%の損失を出した後、その日のうちに2.45%上昇しています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0