• フィンテックのスタートアップであるRevolutは、この分野への関心の高まりを受けて、暗号の採用を増やしました。

  • RevolutのLinkedInページに掲載されている求人情報によると、ロンドンを拠点とするフィンテック・スタートアップは、暗号通貨取引所の構築を支援する技術チームを募集しています。

    公式の求人情報によると、デジタルバンクのRevolutは、独自の暗号通貨取引所の設立に向けて同社をリードする技術チームを募集しています。

    同銀行は、暗号/技術業界での勤務経験があり、暗号通貨取引所で使用されているようなオーダーマッチングエンジンでの実績がある候補者を求めています。

    レボリュートの新戦略

    金融サービスプロバイダーや機関は、急成長している暗号通貨市場に強い関心を示しています。Revolutが最近、暗号通貨取引所の立ち上げに関心を示していることは、デジタルバンクが暗号通貨分野における主要なサービスプロバイダーとしての地位を固めるのに役立つかもしれません。同銀行は現在、世界中に1,600万人の顧客を持ち、50種類の暗号通貨へのアクセスを提供しています。

    Revolutの暗号通貨取引所の設立計画は、同銀行のサービスポートフォリオの多様化にもつながる。暗号取引所を設立することで、銀行は将来的に追加のキャッシュフローを獲得することができ、長期的に安定した収益源を作ることができます。

    以前、銀行がBinanceのBNBやWazirXのWRX(インドを拠点とする暗号化取引所)と同様の取引所トークンの立ち上げを計画していると報じられました。この報告は、最新の求人情報と一致しており、銀行が暗号取引所の設立を真剣に検討していることを示しています。

    ロンドンに拠点を置くRevolutは、2015年に設立され、最近では今年初めの資金調達ラウンドで330億ドルの評価額を得ました。Revolutは、顧客に包括的な銀行・取引サービスを提供することに加えて、2017年から消費者に暗号の売買サービスを提供しています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0