• 柴犬(SHIB)が暗号通貨のトップ50に挑戦

  • Dogecoin Killerとも呼ばれるShiba Inuは、Dogecoinの流れを汲む暗号通貨です。その理由は、Dogecoinの暗号通貨の画像にも柴犬の犬が描かれているからです。柴犬コインは、ビットコインの生みの親である中本哲史氏のように、Ryoshiというコードネームで呼ばれる謎の人物によって作られました。

    Shiba Inuのクリエーターは、このコインがエコシステムに移行された分散型のミームトークンであると主張しています。2020年8月に登場した柴コインは、イーロン・マスク氏やヴィタリック・ブテリン氏などの著名な技術者がツイートしたことで、瞬く間に人気を集め、価値が上昇しました。リリース後、犬の名前やアイコンを使った暗号通貨の開発が殺到しています。

    Dogecoinに乗り遅れた多くの人々が、これらの犬をテーマにしたコインを億万長者になるための手段と考え、これらのコインは多くの人々の関心を集めました。その価値を分散させるために、柴犬コインの大部分がUniswapの流動性プールに加えられました。SHIBの時価総額は28.5億ドル以上で、全暗号通貨の中で48位にランクされています。

    SHIBA INU価格の分析

    SHIBA INUは、投資家の関心と人々の犬への好意という原則に基づいています。犬をテーマにした暗号通貨に投資することで、投資家は犬に対して強い感情を抱くようになります。しかし、実際には、これらの暗号通貨は純粋に娯楽目的であり、本当の目的はありません。

    柴は統合段階にあるにもかかわらず、相対的な買い意欲は過去3ヶ月間で着実に増加しており、0.00000090ドル~0.00000950ドルの抵抗レベルに到達するとすぐに利益予約が発生します。SHIBコインの開発者は50%のトークンをVitalik Buterinに送ったが、彼は代わりに大部分をインドでの援助に送り、残りの40%を死んだウォレットに焼いた。

    一方、SHIBの開発者は、すでに他の保有分の50%をUpiswapのリクイディティ・プールに寄付しており、より良い価値と適切な分散化を確保しています。しかし、Vitalin氏はShiba Inuトークンのシェアを寄付したため、オープンマーケットでの販売はShiba Inuコインの積極的なスケーリングを妨げる可能性があります。

    取引量や価格の動きにかかわらず、RSIレベルの上昇は強い買いの感情を示しています。逆に、出来高が急上昇しているのは、主要プレイヤーが芝犬トークンを保有しようとしていることを示しています。当社の柴犬価格予測によると、SHIBトークンは1日チャートのサポートレベルに近づいており、理想的にはここから跳ね返るはずです。

    SHIBトークンは、9月20日にCoinbaseに上場したことで大幅に上昇した後、売り圧力を受けているようだ。この上場により、ポジティブな領域とその過去最高レベルについての新たな洞察が得られた。それにもかかわらず、価格行動はより短い時間枠でその偉業を再現することができず、40%の急騰は予約の動きと解釈され、その価値を引き下げました。0.00000680ドルはプライスアクションのフラットレンジとなっており、売りを誘う可能性があります。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0