• ベーコン・プロトコルが住宅ローン市場を混乱させる

  • DeFiが吸血鬼のような金融機関の代替手段として魔法をかけている間に、ある会社はNFTを使って住宅ローン市場に革命を起こそうとしています。Bacon Protocolは、NFTのスマートコントラクトを利用して、代替となる融資ソリューションを提供します。

    ハイテク企業であるBacon Protocol社は、最近、最初のNFT住宅ローンを発行しました。これは、標準的な抵当権(財産に対する権利を管理する契約)をNFTで包み、それを担保にして貸し出すというものです。さらに、AIが顧客の適格性を計算し、最適な条件を決定します。最終的には、不変的な契約で管理された低金利の住宅ローンを、プラットフォームの生みの親であるLoanSnapが提供する。

    Bacon Protocolは、USDCドルをバックにした独自のネイティブトークンである$BHOMEで運営されています。顧客は、NFTが成立した後、同社に直接ローンを返済します。現在の住宅ローン業界に取って代わるのではなく、新しい技術を使って改善することを計画しています。これまでにベーコン・プロトコル社は、全米4州で7件のこのような住宅ローンを発行しています。工夫を凝らした結果、金利は1.5%から3.1%になりました。さらに、9月に立ち上げたばかりにもかかわらず、大きな成果を上げているようです。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0