• スイスの暗号ブローカーBitcoin Suisseの創業者は、IPOの可能性を示唆しています。

  • Bitcoin Suisse(BTCS)の創業者兼会長であるNiklas Nikolajsen氏は、日曜日に公開されたFacebookの投稿で、スイスのブローカーがそう遠くない将来、主要な証券取引所に上場する可能性があると述べました。

    確かに、BTCSの創業者は、IPOとパートナーシップを検討していることをほのめかしている。

    “株式上場。そう遠くない将来、BTCSが主要な証券取引所に上場する可能性があります。”

    ニコライセン氏によると、銀行や暗号通貨金融分野の主要参加者2人のうち1人が、近々同社と協力する可能性があるという。

    ビットコイン・スイスは、さらに多くの人材を雇用する意向です。

    また、すでに270人の従業員を抱える同社は、従業員の拡大を意図しています。Nikolajsenは次のように確認しました。

    “成長。今後4四半期の間に、100〜130名の新規ポジションの開設と補充を見込んでいます。当社のすべてのコアビジネスラインでの成長を見込んでいます」。

    さらに、Nikolajsen氏によると、資本調達が計画されているとのことですが、これが資金調達ラウンド、私募債、クレジット、あるいは前述のオプションの組み合わせのいずれかによって達成されるのかは不明です。歴史的に見ても、同社は多くの投資家を魅了してきました。

    彼は続けてこう言いました。

    “もっと多くの項目を追加することができますが、来年はBitcoin Suisseにとってエキサイティングな時期になると言ってもいいでしょう!暗号資産と非中央集権的な金融はこれからも続くでしょう。

    将来的には、トークン化された株式も用意される予定です。

    Facebookの投稿によると、Bitcoin Suisse社は近い将来、自社株をトークン化する意向で、そのために最近、同社の細則を改正したという。今回の発表は、スイスのブローカーが、取引手数料とフィーに後押しされて好調な上半期の業績を報告した後に行われました。

    最後に、先月、同社の経営陣が再編され、法務、コンプライアンス、リスクの各手続きにおける重要な役割が交代しました。これは、同社がスイスの金融規制当局であるFinmaに提出した銀行免許の申請を取り下げた後に起こったもので、規制当局は同社がマネーロンダリング対策を十分に行っていないと懸念していました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0