• 国税庁は、暗号通貨スタートアップのクロスチェーントレースソフトウェアの契約を締結することを発表した

  • 先週、米国内国歳入庁が発表した通知によると、米国内国歳入庁は、クロスチェーン取引を追跡する能力を向上させたいと考えています。

    クロスチェーン」とは、2つ以上のブロックチェーンネットワークが相互に作用したり通信したりする能力のことで、一般的には、ユーザーが「ブリッジ」を介してネットワーク間で取引を行うことを意味します。9月16日に発表されたIRSの通知によると、IRSは犯罪捜査の一環として、これらのプロセスに関する詳細な情報を求めています。

    この通知によると

    “現在、市場には数多くの暗号通貨トレースプラットフォームが存在しますが、ブロックチェーン技術の仕組みにより、各プロバイダーが提供するインテリジェンスやカバレッジのかなりの部分が独自のものとなっています。さらに、TRM ForensicsのWebベースのツールは、現在、他のプロバイダーのツールでは利用できない機能を備えています。クロスチェーン分析のトレース機能や、ブロックチェーン上の様々な暗号通貨を可視化する独自の手法があるため、CCUはこのプラットフォームを要望しています。”

    今回の通知は、米国に拠点を置くTRM Labs Inc.に発注したい契約についてのものです。ベッセマー・ベンチャー・パートナーズは今夏、TRM社の1400万ドルのシリーズA資金調達ラウンドを主導した。決済会社のベンチャー部門であるPayPal Venturesは、同社の支援者の1人である。

    The Blockが6月に発表したレポートによると、IRSは、暗号化機能の広範な拡大を求めています。IRSは、暗号関連の執行活動を拡大し、外部の専門家を雇用できるように、議会にさらなる資金提供を求めています。

    暗号通貨取引所のCoinbaseは月曜日、米国国土安全保障省と、自社の分析ソフトウェアを使用することで合意したと発表しました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0