• ロサンゼルス・レイカーズの本拠地であるStaples Centerは、7億ドルを投じてCryptoCom Arenaに改称されました。

  • 人気の高い暗号通貨取引プラットフォームであるCrypto.Comは、印象的なパートナーシップとメインストリームへの出演を維持しています。象徴的なStaples Centerは、同社が関与する最新の取引の一環として、Crypto.Com Arenaと改称されます。

    ステイプルズ・センターは、ロサンゼルスのダウンタウンにある多目的アリーナで、伝説的なNBAチームであるロサンゼルス・レイカーズの本拠地として知られています。また、NHLのLos Angeles Clippers、Los Angeles Kings、WNBAのLos Angeles Sparksなどの主要チームの本拠地にもなっています。この取引には、暗号通貨取引所のCrypto.comと、ライブエンターテインメント企業のAEGがともに参加します。両者は、AEGが所有・運営する会場の名称を「Staples Center」から「Crypto.Com Arena」に変更する、20年間のネーミングライツ契約に合意しました。他の報道によると、取引総額は7億ドルを超えるとのことです。また、このデジタル資産取引所は、レイカーズとキングスの公式暗号通貨プラットフォームパートナーとなります。新しいロゴは、レイカーズがブルックリン・ネッツを迎え撃つクリスマスの日に初めて登場し、来年の夏までには、すべての外部看板にCrypto.comのブランドが入るように変更される予定です。取引所のCEOであるKris Marszalekは、「AEGと提携し、ダウンタウンの中心にあるCrypto.com Arenaを皮切りに、この街に長期的な投資を行い、新しく創造的な方法で当社のプラットフォームを使用することで、暗号通貨がLAや世界中のファンのためにワールドクラスのスポーツ、エンターテインメント、テクノロジーの未来を後押しできることを非常に嬉しく思います」と述べています。既報の通り、FTXはマイアミ・ヒートのアリーナをFTXアリーナと改称するため、1億3500万ドルの契約を結んだ。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0