• 窃盗犯は盗んだカードとApple Payを使ってビットコインを購入する

  • 盗んだクレジットカードとApple Payを使って、ID泥棒が10万ドル近くのビットコインと60万ドル以上の高級品を購入することができました。アトランタに住むアーロン・ロウズは、ダークウェブで500件以上の盗んだクレジットカードの番号を購入し、Apple Pay対応の携帯電話に読み込ませたことで、カードの現物を持たずに買い物ができるようになりました。

    また、Laws氏の少年時代の友人であるDennison Ellis氏やJeffrey Mayfield氏など、他の数名もこのスキームに関与していました。

    2017年2月から2018年12月の間に、オンラインだけでなく、Apple Retailersやジュエリーストアでも購入されていました。

    さらに、2017年8月23日、Lawsは93,000ドルをビットコインに投資しました。当時、1BTCはおよそ4,000ドルの価値があったため、Lawsが2017年に購入した約23BTCは、現在では70万ドル以上の価値があることになります。

    Lawsは3年の懲役を言い渡され、624,000ドルの返還を命じられていますが、これは最近になって公表された情報です。

    このペテン師は、数々の誤った判断をしたことを認め、罪を認めました。膝の怪我で大学のバスケットボールができなくなってからは、絶望と物質乱用に苦しんでいたと告白しています。

    共犯者のEllisとMayfieldは共に罪を認め、それぞれ28万3千ドル、18万1千ドルの懲役と賠償金の判決を受けました。

    アップルはビットコインの購入に興味がある?噂

    一方、ソーシャルメディア上では、Appleがビットコインに25億ドルを投資し、それを発表するという噂が広がっています。

    しかし、さまざまな理由から、これらのアカウントの信憑性には重大な疑問があります。

    まず第一に、これらの情報は信頼性の低いものであり、会社が認証したものではありません。

    さらに、元のソースは明らかにされておらず、ソースはあたかもジョークのようにさえ言っている。

    最後に、元の情報源によると、月曜日に発表されるとのことでしたが、これは実現しませんでした。

    しかし、Apple社はまだ否定をしていないため、ビットコイン購入の可能性を完全には否定できません。最近では、アップル社がビットコインの専門家を探していると宣言したこともあり、アップル社が独自の取引所や決済関連サービスを提供して、暗号分野に参入するという噂も浮上しています。

    さらに、アップル社の共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏は最近、ビットコインへの強い支持を表明しています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0