• TikTokがニューヨーク・タイムズ紙の広告を購入し、NFT市場に参入したことで注目を集める

  • 短い動画を作成・共有する人気アプリ「TikTok」が、ノンファンジブル・トークン(NFT)の流れに乗った。TikTokは、ニューヨーク・タイムズ紙に全面広告を掲載して、その市場への参入をアピールしました。

    先日、全世界の月間ユーザー数が10億人を突破し、急速に拡大しているソーシャルメディアのプラットフォームは、Lil Nas X、Grimes、Bella Poarch、Rudy Willingham、Gary VaynerchukなどのトップクリエイターのコンテンツをNFTに鋳造する計画を発表しました。

    Lil Nas Xの第一弾は10月6日に公開され、今月末まで続く予定です。

    同社は、NFT取引において「100%カーボンニュートラル」を謳うレイヤー2スケーリングのイーサリアムソリューション「Immutable X」上にNFTコレクションを構築しました。

    TikTokのニューヨーク・タイムズ紙の広告の最後の文章は、創造性に報いるための次のステップを明らかにしているように見えました。”私たちは、クリエイターを認識し、報酬を与える革新的な方法を見つけ続けるプラットフォームでありたいと思っています。”

    TikTokは、香港国家安全法の成立を受けて、2020年7月に香港での事業を停止しました。TikTokは、中国当局とユーザーデータを共有しているのではないかという懸念から、米国などで注目されていました。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0