• VisaはNFT分野でのプレゼンスを拡大する意向

  • Visaは、元メジャーリーグ選手のマイカ・ジョンソン氏と提携し、NFTを利用したプログラムを開始することを発表しました。発表によると、このプログラムは、自分の作品をNFT(Non-fungible token)の形で販売するデジタルアーティストを支援することを目的としています。

    Visaのプロジェクトパートナーであるマイカ・ジョンソン氏は、2018年にメジャーリーグ(MLB)を引退した後、NFTアーティストとなった。

    彼は、宇宙ヘルメットをかぶって宇宙飛行士を目指すアフリカ系アメリカ人の少年、NFTのキャラクター「Aku」を制作しました。

    “Aku “は公開後24時間で200万ドルのトークンを売り上げ、NFTとしては初めて映画やテレビのオプションとなりました。

    クリエイターにNFTを教えます

    VISAは、NFTの将来性に期待しており、クリエイター・エコノミーのビジネスオーナーのために、マイカとのパートナーシップを楽しみにしていると述べています。

    VISAは、クリエイターがNFTの空間や技術を理解するために、マイカとの提携を選んだという。また、パブリック・ブロックチェーンを活用して、デジタル商品を生産・販売するための支援も行います。

    VISA For Group Sponsorship and Consultative Service

    VISAのプレスリリースによると、今回のプロジェクトの目的は、クリエイターと同社のペイメントパートナーのネットワークを結びつけることだそうです。このプロジェクトは、NFTの世界を紹介することで、クリエイターにとって非常に有益なものになると考えています。このプロジェクトは、クリエイターにとって、NFTの世界を知ってもらうだけでなく、コンテンツのマーケティングを行うことができ、ビジネスの成長と視聴者の拡大につながると考えています。

    なお、VISAがNFTに参入するのは今回が初めてではなく、今年の8月に初めてNFTを購入しています。今年8月、VISAはCryptoPunkのNFTの代金として、49.5ETHを購入しました。当時、この金額は約160,000ドルと推定されていた。

    VISAは、オープンアプリケーションを開発し、最初のクリエイターグループの選考に使用する予定です。また、このグループのスポンサーとなるだけでなく、米国企業はコンサルティングサービスを提供することにも合意しています。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0