• 米国の暗号取引会社であるVoyager Digitalが欧州の取引ライセンスを取得

  • 暗号通貨プラットフォームを提供するVoyager Digitalは、フランスの規制機関であるAutorité des marchés financiersおよびAutorité de contrôle prudentiel et de résolutionから、子会社であるLGO Europe SASを通じて、フランスおよび欧州連合の市場で60種類のデジタル資産の取引プラットフォームを促進するための正式なライセンス承認を受けました。

    ボイジャーは、カナダの上場企業で、米国を拠点としています(ティッカーシンボルはVYGR.V)。この種の「Fit and Proper」の承認ステータスが指定された組織は、欧州以外では初めてだと言われています。

    ボイジャーは8月初旬、グローバルなクロスボーダー決済に金融サービスを拡大することを目的に、暗号決済企業のCoinifyと推定8,500万ドルで契約を締結しました。

    この発表を通じ、同社はモバイル取引アプリケーションの開発に取り組んでおり、2022年第1四半期後半に欧州の多くの国での発売を予定しています。ボイジャーのチーフ・インターナショナル・オフィサーであるルイス・ベイトマンは、次のように述べています。

    “当社には、当社アプリのリリースを心待ちにしている欧州の顧客がいます。”暗号経済はグローバルなものであり、これらの顧客にサービスを提供し、ボイジャーがより大きな顧客層に質の高いアクセスを提供できることに期待しています。”

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0