• FTXの次期マーケットプレイスは、なぜロイヤリティを支払うNFTを避けているのか?

  • ソラナに特化したNFTマーケットプレイスを立ち上げる準備をしているFTXは、ロイヤリティを提供するプロジェクトを避けることを表明しています。

    最近公開されたFAQによると、”当社は、NFT保有者にロイヤリティを分配したり、広告したりするコレクション/プロジェクトからのNFTを拒否します。” とのことです。

    NFTに関して言えば、ロイヤリティは比較的新しい概念です。多くのプロジェクトが存在する中で、多くのプロジェクトがトークン保有者に付加価値を与えようとしており、そのためのさまざまな方法を試しています。その一つが、NFTをマーケットプレイスで売買した際に発生する手数料の一部をトークン保有者に還元するというもので、これをロイヤリティと呼んでいます。これにより、購入者に長期的な投資を促すことができるという考えです。しかし、市場関係者の間では、これによってJPEGが米国証券法に抵触するのではないかと懸念されている。

    FTXは”米国のブレット・ハリソン社長は、「アーティスト/クリエイターにロイヤリティを支払うNFTプロジェクトは掲載するが、コレクションの販売によるロイヤリティをNFT保有者に分配するプロジェクトは掲載できない。資産のプールを売却した際の収益の一定割合を保証するトークンは、証券に似てきます。”

    イーサリアムのOpenSeaを中心としたNFTマーケットプレイスも同様の留保をつけている。規約には、金融商品に交換可能なものや、”所有者に金銭的な報酬を与えるもの “など、プラットフォームに適さないと思われるさまざまなNFTが記載されている。

    このような懸念から、OpenSeaは先週、Turtle DAOのNFTコレクション(NFT保有者にトークンを授与する)の売買を停止しましたが、同社はこのプロジェクトがどの特定の規約に違反しているかは明記していません。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0