• 野球界のレジェンド、ウィリー・メイズ氏がNiftyゲートウェイで「NFTコレクション」を開設

  • コスタコス・コレクションは、野球殿堂入りを果たしたウィリー・メイズ氏に捧げるノンファンジブル・トークン(NFT)ラインを、今月開催される第117回ワールドシリーズに合わせて発売することを発表しました。

    NFTプラットフォーム「Nifty Gateway」上で展開されるこのコレクションは、ニグロ・アメリカン・リーグでのプレーから1951年のサンフランシスコ・ジャイアンツでの新人王受賞まで、Say Hey Kidの人生とキャリアのハイライトを描いています。また、10月24日に発売されるNFTは、メイズ氏の90歳の誕生日を記念しています。

    スポーツアーティストのジョン・コスタコス氏が共同設立したコスタコス・コレクションは、アスリートやその財団と協力して、ブロックチェーンベースのデジタルアートを制作しています。

    コスタコス・コレクションによると、このドロップの収益はすべて、アラバマ州の恵まれない青少年のための野球アカデミーの設立や、メイズがバーミンガム・ブラック・バロンズでプレーしたバーミンガムの歴史的建造物であるリックウッド・フィールドの修復を目的とした、メイズのセイ・ヘイ財団に寄付されます。

    「メイズはプレスリリースの中で、「私を助けてくれた人、教えてくれた人、自分の道を見つける手助けをしてくれた人を決して忘れません。「私はすべての子供たちに私と同じ機会を与えたいと思っており、このプロジェクトは私の故郷で始める方法を提供してくれます」と述べています。

    NFTの一つである「The Making of a Giant」では、スポーツキャスターのボブ・コスタス氏がメイズ氏について語る音声が収録されています。この他にも、リックウッド・フィールドやメイズの新人賞受賞を記念したNFTもあります。

    また、歴史的な黒人アーティスト、ミュージシャン、アスリートのレガシーを保存するためのラインとして、メイズのNFTコレクションがあります。ラッセル・シモンズ氏は、スヌープ・ドッグ氏と共同で、初期のヒップホップ・アーティストに特化したNFTを発売しました。

    ウィリー・メイズのNFTコレクションは、10月24日午後3時30分(PST)にNifty Gatewayで発売されます。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0