• 確かにライトコインは上昇しましたが、今後は何よりもこれが必要です。

  • 新しいアルトコインが登場しているにもかかわらず、ライトコインは長年にわたって関連性を保つことができました。LTCは現在最もパフォーマンスの高いコインではなく、また最もよく知られているコインの一つでもありませんが、ビットコインとの関連性が人々の関心を引き続けています。

    その結果、問題はライトコインがこの状態でいつまで生き残れるかということです。そして、具体的に何がライトコインの状況を変えることができるのか?

    ライトコインにはもっと重みが必要です。

    11月8日と9日に、LTCは48時間にわたるランダムな上昇を経験しました。この間、一見すると「静かな」コインは30%近く上昇し、260ドルの壁を突破した後、再び下落しました。

    このラリーの動機は、実は2つあります。まず、ビットコイン、イーサリアム、そしてほとんどのアルトコインが8%から10%上昇した、前回の広範な市場での上昇の後であったことです。

    次に、この48時間の間に、ライトコインは市場に参入する投資家の数が急激に増加しました。このことが、チャート上での価格の急騰につながった可能性があり、その期間中、他のどのアルトコインよりも大きかった。

    ライトコインは有効な資産ではありますが、そのファンダメンタルズのために投資家からあまり注目されていません。

    この主張を裏付けるのが、成長率です。少しでもLTCを持っているアドレスを見ると、昨年から150万個しか増えていないことに気づくでしょう。

    しかし、11月8日には300万件も増えている。この記事を書いている時点で、LTCを保有するアドレスは700万件。

    さらに、これは偶然の出来事ではなく、同日に出来高が平均以上に急増しています。

    しかし、この上昇はFOMOによるものとも考えられます。AMCTheatresは、何ヶ月も前から予告していましたが、ついに暗号通貨での支払いのオプションを可能にしました。ユーザーは、BTC、ETH、LTC、DOGEでチケットを購入したり、ギフトカードを送ったりできるようになりました。

    AMCTheatresのCEOであるAdam Aron氏によると、これらの新しい支払い方法は、Google Pay、Apple Pay、PayPalとともに、すでにオンライン取引全体の14%を占めているとのことです。

    本稿執筆時点では、ライトコインは価格チャート上で休眠状態に戻っており、他のあらゆる指標や統計も落ち着きを取り戻しています。

    ライトコインは、DeFi空間に属しておらず、Store of Valueでもありません。また、常に流行しているミームコインでもありません。そのため、LTCは独自性という点ではあまり期待できません。

    言うまでもなく、暗号空間で有効/価値のある資産となるための唯一の要素は、採用です。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0